寒い

寒気が入り込んでいる、太陽が出たり北風が吹いたり雪が降ったり、寒い。

[ハウス]
温床や育苗ポットに水やり。

アブラムシ対策にカダンセーフを散布。

ダイコン菜畝の空いた部分を耕し畝立て。
溝を切って種蒔き。

インゲン、タキイの恋ミドリプランターに播種。

ハウスの一番奥にトウモロコシ畝を立てるべく、籾殻を大量に投入。

ダイコン菜、五月菜、オータムポエム、ホウレンソウ、アサツキ、ラッキョを収穫。

収穫

収穫  [編集]

小雨が降って寒い。
雪こそ混ざっていないが、氷雨といった感じ。

[畑A]
サービス品用に五月菜を収穫。

スイスチャード移植

午前中は免許の更新や、支払、車のオイル交換等なにかと忙しい。
朝は太陽も出たが、昼からは肌寒い。

[ハウス]
育苗ポットに水やり。
五月菜とソラマメ、キヌサヤに着いたアブラムシ退治にガーデンセーフを噴霧。
こんなの効果があるのかと思えば、そこそこにアブラムシは退治できているようだ。

地植えのスイスチャードを全てポットに移植した。

空いた畝を小規模なので移植ゴテで耕す。

オータムポエム、ホウレンソウ、ダイコン菜、アサツキ収穫。

追肥

追肥  収穫  [編集]

曇っているが割りと温かい。

[畑A]
五月菜収穫。
枯れ葉の撤去。
追肥。

ラッキョ畝、ニンニク畝に追肥。

[畑B]
珍しく東隣りの人が来て草取りをしていた。
いつもは大型のトラクタで耕してしまうのに。
畑を再開するのか聞いたら、再開のつもりはなし、トラクタで耕してくれていた人が高齢で請負を辞められたので自分で草取りしているとか。 これは大変だ。

旧シソ畝のマルチを撤去。
コーヒの出し殻カスを散布した。

五月菜初収穫

収穫  [編集]

寝ていても寒そうな風音が耳につく。
6時頃起きて外を見れば、雪が舞っているかと思えば舞っていなかったので、畑に出かける。

[畑A]
五月菜収穫。
花茎が伸びだして蕾が見え出したのが出始めたのでそれだけでも収穫しようと思ったが、とにかく寒すぎて手がかじかむ。
かろうじて10本ほど収穫した所で寒くて身がもたないため撤収。

畝が空いてきた

[ハウス]
温床や育苗ポットに水やり。

野菜セットの収穫として、アサツキ、ダイコン菜、五月菜、キヌサヤ、アスパラ菜、ホウレンソウ収穫。
畝がだんだん空いてきたが、次の播種が行われていない。
次を考えなくては。

白菜を畝に移植。

片付け

6時起床、外に出たら車のフロントガラスがガチガチに凍っていた。
天気のいい朝はまだまだ寒い。

[畑A]
放置してあったダンポール(曲がる支柱)を片付けた。

[畑B]
昨年の夏野菜の残渣、紫蘇やナス、ピーマンの枯れ木を抜いて撤去した。
耕耘機を掛けようとしたが、寒すぎてエンジンが思ったように始動せず、諦めた。

草取り

除草  [編集]

[畑A]
しばらくはラッキョウ畝の草取りが続きそうだ。

今日は、ラッキョウ、アサツキ、越のレッド、西洋エシャロット兼用畝の草取りだ。
びっしりと草が伸びていて抜くのが困難なため、根元に鎌を入れて根を断ち切る。
一畝300穴以上をこなすのは大変だ。
最後にマルチの裾を掘って張り直してやっと一畝終了。

大量収穫

[ハウス]
温床や育苗ポットに水やり。

レタスとスイスチャードをプランターに植え替えた。

明日の直売場出荷に向けて大量に収穫。
アサツキ、ダイコン菜、アスパラ菜、ホウレンソウ収穫。

五月菜収穫

除草  収穫  [編集]

[自宅にて]
昨年秋に剪定した枝の片づけをした。
空いた土地に果樹を植える予定。
根が枯れるのを待ったりとかするのでかなり長期の準備になる。
来年の春に苗木を植えれればいいかな。

[畑A]
五月菜収穫。
しばらく畑に行っていなかったので心配していたが、ちょうど良いサイズになっていた。
一番採りの最高のところだ。

ラッキョ畝の草取り。


[畑B]
草取り。

ポンプ設置

[畑B]
義弟と9時半に畑で待ち合わせ。
エンジンポンプの取り付け方法を教えるためだが、教えるほどのこともなく、給水ホースを管の中に降ろして、エンジンポンプを設置し、ホースを接続するだけ。
エンジンは簡単に始動し、タンクに水が貯まる間、畑仕事。

ソルゴーを抜いて片付ける。

紫蘇畝の残渣を片付けて、草取り。
マルチの片側をはぐり、肥料を撒いてマルチを張り直す。
このまま紫蘇畝として今年も使うつもり。

ニラ畝は株が大きく分けつしてマルチを持ち上げてしまっている。
マルチ穴を少し広げてニラを外に引き出す。
これも、マルチの片側を外してピント張り直した。

耕耘機で旧二十日大根畝、旧枝豆畝を耕耘した。

[畑A]
15時から畑へ。

サツマイモ残渣とキクイモ残渣を集めた。
天気が2~3日続けはカラカラに乾くのだが、まだ無理かな。

エシャレット、越のレッド、アサツキ、ラッキョウ兼用畝の草取り。
なかなか手間がかかる。

タマネギに追肥

植付  追肥  除草  [編集]

[ハウス]
温床及び育苗ポットに水やり。
スイスチャードをポットからプランターふたつ分移植。
キヌサヤ畝を畝幅70cmから90cmに拡幅。

[畑A]
タマネギ畝に追肥。
ラッキョ畝の草取りと追肥。
ニンニク畝の草取りと追肥。
五月菜畝に追肥。

発芽確認

[自宅にて]
17日に発芽器に種まきをしたキヌサヤの発芽を確認した。
有効期限が一年前に切れていたので心配だったが無事発芽、良かった。

キクイモ終了

除草  収穫  [編集]

昨日は雨で畑に来れなかった。
今日も雨気味だが、濡れる程ではない。

[畑A]
アサツキ二株収穫。
一昨日収穫したアサツキは昨日の味噌汁になった。
この時期のアサツキの爽やかな香りが好きだ。

ニンニク畝の草取り。
マルチの外にもびっしりだが、マルチの中はなかなか抜くのが厄介だ。
でも、マルチのお陰でこの程度に済んでいる。

キクイモ残り二株の収穫。
畝としては割りと高めの位置にある株だが、ひときわ大きな芋が出てきた。
さて、3月中に消費しなくては。

収穫

[ハウス]
白菜菜花収穫(11/15播種)、これで一番花が全て収穫完了、今後は二番手を待つ。
二十日大根、アサツキ収穫。
五月菜収穫。

温床内や育苗ポットに水やり。

レタス育苗ポットに移植。

ダイコン菜、ホウレンソウ、レタス収穫。
水菜、チンゲンサイ収穫。

コンポスト設置

[ハウス]
白菜菜花収穫。
キヌサヤ収穫。

温床に水やり。
育成ポットに水やり。

ソラマメの新梢にアブラムシが付いたのでガーデンセーフを散布。

レタスを育苗ポットに移植。

ホームセンターで生ゴミを堆肥にするコンポストを購入、ハウスに設置。
ハウス内にかき集めてもいつまでも腐らない枯れ草や野菜くずを堆肥化するためだ。
やっとハウス内がきれいに片付く。

ホウレンソウ収穫、ダイコン菜収穫、レタス収穫。

ナス種蒔

[自宅にて]
ナスの種蒔をした。
種類はタキイ育種の「筑陽」と「庄屋大長」。
ポットに種まき後、発芽器にセットした。
義弟の分も含めての種蒔だ。
しかし、種ひと粒が筑陽は20円庄屋大長は10円に近い計算になる。
千両茄子なら近くで70円ほどで苗が出回るので、家庭菜園に毛が生えたレベルでは絶対自分で蒔くと損な計算になる。
この品種を育ててみたいだけという理由での金の使い方は趣味ならではなので良しとしよう。

[自宅菜園]
草取り。

春耕開始

追肥  除草  収穫  [編集]

本日から畑作業開始。
6時に目覚ましをセットし、12時前に寝たのだが、途中で目が覚めてしまう。
5時15分はまだ薄暗かったので6時まで二度寝。

[畑B]
小屋の肥料を取りにまず畑Bに。
義弟が一足早めに畑仕事を開始したようだ。
ニラが5cm程度伸びていた。
放置していたチンゲンサイの花茎が伸びていたので収穫。

[畑A]
五月菜に追肥。
タマネギやニンニク、アサツキ、ラッキョウ畝に追肥。

まだ4株残っていたキクイモを2株掘り出した。
15kg程度の収穫か。

ニンニク畝やラッキョウ畝の草取り。

アサツキを一株収穫。

カメラを購入しないと写真も撮れないな。

タマネギ播種

[ハウス]
五月菜、白菜菜花収穫。

温床に水やり。

昨日耕耘した畝にマルチを掛ける。
これを白菜畝として11列x3条分確保。
今日はとりあえず11列移植。

タマネギ(タキイ・シャルム)播種。
200穴セルポットに2枚蒔いた、先日分と併せて600粒蒔いたことになる。

ホウレンソウ収穫、ダイコン菜収穫。

種蒔

[自宅にて]
絹さやエンドウの種をセルポット4x4に4粒ずつ蒔いて、発芽器にセットした。
つるなし種の「美笹豌豆」とツル有り種の「あずみ野30日」を混在して蒔いた。
あずみ野30日は有効期限が27年3月とすでに1年経過。
マメは有効期限が経過すると著しく発芽が悪くなるとか、さてどうなるか。

ネズミが!

[ハウス]
白菜菜花収穫。

温床内水やり。
タラノキを鉢に植え付け。
レタスをポットに移植。

空き畝を耕耘。

春菊、五月菜、オータムポエムに追肥。
そのさい、五月菜畝から大きなネズミが飛び出して追いかけたが白菜畝に逃げ込まれ見失う。

スイスチャード収穫。
小松菜収穫。
ダイコン菜(1/25播種)収穫。


種芋用意

[自宅にて]
ジャガイモの種芋を昨日ホームセンタームサシで購入してきた。
アンデスレッド1kg メイクイーン1kg 男爵3kg だ。
一畝に30株、4畝作る予定。
テレビを見ながらアンデスレッドとメイクイーンは30ケに切り分け。
男爵は60ケに切り分けた。
切り口にジャガイモシリカを付けて明日朝まで室内で切り口を乾燥。

大量に播種

[ハウス]
五月菜、白菜菜花を収穫。

温床や裸畝に水やり。

空き畝の一部を移植ゴテで耕す。
水菜、小松菜、レタスミックスを播種。

ホームセンターでセルポットなどを購入。
枝豆を種蒔き、タキイの富貴とカネコ育種の湯あがり娘(昨年の残り種)。
25穴の連結ポットにピーマン・トンガリパワーを播種。
200穴のセルトレイにタマネギ・タキイのシャルムを播種。

春菊収穫。


曇り

[編集]

今日は予約米発送日で忙しく、かつ曇り空でハウスの換気が必要ないためハウスに顔を出さず。

様子見

[畑A]
仕事に出かける前に畑をのぞきに出かけた。
アサツキが良くなっている。
五月菜はもう少しのようだ。

さて、いつから畑仕事を再開しようか。

大量に収穫

[畑A]
様子見、一部畑では耕耘を開始していた。
タマネギ、ニンニク、ラッキョの様子は良さそうだ。
一部まだ水の引きが悪くズブズブのところがある。

[畑B]
草が目立ってきた。
妹の畑はタマネギに追肥を済ませていた。

[ハウス]
良い天気でハウス内は暑い。
温床などに水やり。

スイスチャードをポットに植え替えて外葉の収穫。
レタスもポット植えの外葉の収穫。

明日の予約米発送に備えてサービス品用に大量の春菊を収穫。
伸びた茎と間引きが終わっていない部分を根際から切り取る作業。

チンゲンサイを全て収穫。
ワケギも全て収穫。
五月菜少し収穫。
エンドウ、オータムポエム収穫。
鉢植えのダイコン菜収穫。
二十日大根、小松菜収穫。

最初に収穫したスイスチャードとレタスの葉を萎れないように涼しい場所に置いたら、農場社長にヤギの餌と勘違いされヤギの餌に使われてしまった、ショック!

除草

除草  [編集]

[畑B]
除草目的で耕耘機で浅く耕耘。
草集め。

タマネギの防虫ネットをめくって除草。

[畑B]
ラッキョ畝、ニンニク畝の除草。

大量に播種

[ハウス]
温床内に水やり。
各畝に水やり。

中玉トマト(タキイ・フルティカ)播種。
カラーピーマン(タキイ・フルーピーイエロー、フルーピーレッドEX)播種。
ナス(タキイ・竜馬、庄屋大長)播種。
エンドウ(サカタ・スナック2号、アサヒ育成・美笹豌豆)播種。

白菜、ポットに移植。
キャベツ、ポットに移植。

[畑A]
サービス品用にキクイモの収穫。
一株半収穫した。
残りはいよいよ一株だけ。
しかし、少し収穫量が多かった。

五月菜の枯れ葉を取り除いた。
それと一本だけ蕾がついていたので収穫した。

移植引き続き

植付  収穫  [編集]

[ハウス]
温床に水やり。

ジャガイモを芽出しのため大きめのポットに植えた。
全部で16ポット。

白菜、キャベツ、カリフローレをポットに移植。
チンゲンサイ、小松菜は畝に移植。

連結ポットには昨日に続きワケギの球根を植え付け。

スイスチャードの外葉を収穫。
春菊、ワケギの収穫。
大根菜の収穫。
チンゲンサイ収穫。

移植

植付  収穫  [編集]

[ハウス]
朝方はそこそこの雪。
密植状態のレタスをポットに移植。
途中で好天気に、ハウス内は一気に33度。

途中でホームセンターでポットを追加購入。
ワケギの球根を連結ポットに植え付け。
スイスチャードをポットに移植。

ワケギ、ホウレンソウ、小松菜の収穫。

移植、種蒔き、収穫

[ハウス]
日がたまに顔を出す。
雪はかなり溶けたが、まだ両サイドが雪に埋まり換気できない。
北側の妻側換気窓を開ける。

温床の中の苗に液肥を追肥した。
各畝にも液肥を追肥。

トウモロコシ残り6株をポットに移植。
キュウリ(2/6播種)、カリフローレ苗もポットに移植。
水菜は畝に移植。

ズッキーニ、カボチャ種蒔き。
ゴーヤーも種蒔き。

畑から移植した春菊の残り全て根際で切って収穫。
種まき(11/18)した春菊も伸びすぎたのを中心に収穫。

小松菜、五月菜、エシャロットを収穫。
オータムポエム収穫。

大雪

収穫  [編集]

[ハウス]
えらい大雪となった。
農場に用事があったこともありハウスにたどり着くが何もする気にならず。

サービス品用にオータムポエムの収穫だけ。

五月菜

なんと、目覚ましで目が覚めなかった。
予定よりかなり遅れたが畑に出かける。
天気予報では晴れのはずが、霧雨。

[畑A]
五月菜、既に蕾が見える株もある。
株間にたまった枯れ葉を撤去した。
撤去にもうしばらく掛かりそうだ。

試作品

植付  収穫  [編集]

[ハウス]
雪が又降った。
結構な大雪。

小型のプランターにレタス苗6株を2つ植え付けた。
スイスチャードの3色色違い6本をひとつ植え付けた。
「マイ・サラダ・ガーデン」の試作品だ。

昼からは春菊の収穫とスイスチャードの外側の葉欠き収穫を行った。

ポットに移植

植付  収穫  [編集]

[ハウス]
インゲンをセルトレイから育苗用ポットに移植、11ポット。
トウモロコシをセルトレイから育苗用ポットに移植、途中まで。

五月菜収穫、春菊収穫。

草抜き

除草  [編集]

[畑B]
タマネギ畝、防虫ネットを部分的にめくって除草。

開き畝や畝間を耕耘機で軽く除草耕耘。

[畑A]
ニンニク畝、草取りと畝寄せ。

五月菜畝の枯れ葉除去。

オクラ播種

[ハウス]
水菜収穫、水菜はこれで終了。
ルッコラが花が付き出したので全て刈り取って捨てた。
大量破棄でもったいないがなかなか捌けない。
春菊収穫。
オータムポエム開花している茎を全て収穫。

オクラ播種、セルトレイに6穴x4列
白菜播種、6穴x2列
キャベツ播種、6穴x2列

春耕開始!

追肥  除草  収穫  [編集]

義弟から畑Bのエンジンポンプを据え付けたと連絡が入った。
見に出かけると、いつもになくたくさんの人が畑の準備に取り掛かっていた。
例年よりいささか早いが、今日から春耕開始としよう。

[畑A]
五月菜に尿素の追肥。

キクイモ半株ほど収穫。

ラッキョ畝の草取り。

[畑B]
タマネギ畝に追肥。
マルチを張ってから箸で穴を開けて苗を植えた関係で、パラパラと撒くわけに行かないので、液肥を作って、灌水ホースから流し込んだ。

収穫

[ハウス]
野菜セットの収穫として、二十日大根、オータムポエム、キヌサヤ、五月菜、アサツキ、ルッコラ、小松菜、水菜、春菊の収穫。

温床に水やり。

退院

[ハウス]
やっと退院してきた。
自宅で一休み後、ハウスを見に行く。
ハウスは様変わりしていて、オータムポエムは花盛り。
白菜は結球が始まり、エンドウは花が咲いていた。
ルッコラも花が咲き、もう使えない。
二十日大根がカブのように巨大化していた。

そして温床の中は妻は頑張ってくれたのだろうが、種まきしたセルポットは半分発芽後枯れていた。

畝が乾いてひび割れしていたのでホースで水をジャブジャブ掛けた。

発芽確認

[自宅にて]
2/28に発芽器に種蒔したミニ白菜、水菜2種は発芽を確認できた。
ただ、キャベツだけはまだひと粒も発芽してこない。
これは失敗と見るべきか、もう少し待つべきか。
種を購入するにも休日まで待たなければならないから、それまでは様子見をしよう。

温床水やり

[編集]

[ハウス]
妻からの報告、温床内水やり。

[編集]

種まき

[自宅にて]
発芽器に種を蒔いた。

タキイ交配 キャベツ「春波」 10ポット
サカタ交配 ミニ白菜「黄味小町」 10ポット
タキイ交配 水菜 「京かなで」 10ポット
タキイ交配 水菜 「紅法師」 10ポット

春波の有効期限が13年10月、京かなでが14年10月だ、いささか経過しすぎだがさて無事に発芽してくれるかどうか。

温床水やり

[編集]

[ハウス]
妻からの報告、温床内水やり。

温床水やり

[編集]

[ハウス]
妻からの報告、温床内水やり。
オータムポエム収穫。

温床水やり

[編集]

[ハウス]
妻からの報告、温床内水やり。
ホウレンソウ収穫。

入院

[編集]

腰痛の激痛に耐えきれず、この日から3/3まで入院した。
途中の温床内の水やりは妻に頼んだ。

発送

[編集]

腰痛で身動きがとれないため、妻に頼み何とか発送を行う。

換気

[編集]

[ハウス]
午前中好天気のため、腰が痛く大変だったが何とか車を運転し、ハウスの換気をする。
午後から、腰が痛く思ったように身動きが取れないため、妻に着いてきてもらい、ハウスの戸を締める。

腰痛発生

[ハウス]
先日型枠を作って土を入れた野菜越冬用土中タンク、コテを持っていき上を均す。
その際、水をハウスの外まで運んで捨てるときに腰を痛めてしまった。
4日に腰痛発生以来だましだまし作業していたが、激痛だ。

セルポットに種蒔き、白菜、キャベツ、カリフローレ、小松菜。

オータムポエムや白菜の株間に穴を開け追肥及び水やり。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PHOTO

上越有機農産販売TOPページへ 上越有機農産販売 > 3年連用ブログによる農作業日誌TOPへ