農場イベント

朝、ニンジンに水やりするために早めの目覚ましセットをするが、雨。
二度寝する。
今日は農場のイベントの日、かき揚げのパックの手伝いをする。

[ハウス]
連結ポットにキュウリ2種類種蒔き、いずれも長岡のN村んからもらった種。
節成の普通と長いキュウリだ。

プランターにレタスを植えた。

インゲン畝にネットを張った。

キヌサヤ、スナップエンドウ収穫。
レタス収穫。

明日のイベントの手伝いがあるので、明日の朝水やりしなくていいように各畝に水をたっぷりやった。

サトイモ芽出し処理

植付  [編集]

昨日からの雨が今朝になっても上がらない。
畑に行くのは諦める。

[自宅にて]
サトイモを大きめのポットに入れて培養土を詰める。
全部で8ポット。
昨年義弟が栽培したサトイモの親芋だ。
後は温室代わりの衣装ケースの中で芽を出させるだけ。

ズッキーニ苗を鉢上げした。
今植わっているポットより一回り大きなポットに植え替えて新しい土を詰める。
ズッキーニは長い葉を伸ばすのでバランスが崩れて茎が過ぐに傾いてしまう。

バターナッツも鉢上げしたが、2ポットでタイムアップ。

ジャガイモ植え

植付  収穫  [編集]

[畑B]
一昨日ジャギもを植えた横に120cm離してもう一畝ジャガイモ畝を立てた。
ジャガイモ一畝植えたところでタイムアップ。

[畑A]
五月菜収穫。

ニンジン発芽

[畑B]
種蒔き畝に水やり。
どうやらニンジンが発芽を始めたようだ。

[ハウス]
ハウス内温度は50度、あわてて換気全開。

ハクサイ畝を撤去。

プランターにスイスチャード2つ、レタスひとつを植えた。

プラウ上越店にて耕耘機を発注、月曜日に配達の予定。

[ハウス]
キヌサヤ、スナップエンドウ収穫。
レタス、春菊、ダイコン菜収穫。

シュンギク播種

[自宅にて]
ゴーヤーの発芽率が悪く予定数の苗が出来ないので再度種蒔をして発芽器に入れた。
一昨日から2晩、濡れたキッチンペーパータオルにくるんで首にぶら下げて体温で発芽促進していたが、少しでも早めに芽吹いて欲しいものだ。

スイートコーンは半分以上が発芽したようだ。
でも、意外と発芽が揃わないなぁ。

[畑A]
菜っ葉畝予定畝をシュンギク畝に変更。
植え溝2列で種蒔をして、籾殻を上溝が埋まるまで掛けて、乾燥防止に不織布を掛けた。

各畝に水やり。

五月菜収穫。

タマネギの除草終わった

除草  収穫  [編集]

[畑A]
ジャガイモを植えてしまいたかったが雨が降っていたので予定を取りやめて、タマネギ畝の除草。
残りは1/5畝だったので一気に草取りをした。
これで、ニンニク畝、ラッキョウ2畝、タマネギ2畝の除草が全部終わった。
やれやれだ。

五月菜収穫。

雨がだんだん降り方がひどくなるので早々撤収。

長靴買った

[畑B]
ジャガイモ植え。
一畝、メークイーンを植えた。

[ハウス]
インゲン種蒔き。
二株だけだが、インゲン畝の空いている所に蒔いた。

サツマイモ伏せ。
大きめの角鉢にサツマイモを並べ土を掛けて温床に入れる。

昼から作業服専門店、藤巻のアタックで長靴を購入、さて、何年くらい穴があかずに履けるかな?
ホームセンターでインゲンネット2つ、100円ショップでプランター7つ購入。

[ハウス]
スナップエンドウ、キヌサヤ収穫。
ハクサイ菜花収穫。

二十日大根播種

[畑A]
日曜日の嵐で、防虫ネット内に大量の砂が吹き込んでたまってしまった菜っ葉畝の砂をなんとかすべく、防虫ネットをはぐって、砂を除去した。
双葉が開いた上に砂が堆積していたのでマルチ穴にそって砂を掻き出す。
なんと、2~5cmも砂が積もっている。
最後は水で洗い流し、防虫ネットを掛け直したが、さて、生き延びてくれるかどうか。

昨日作った畝は、二十日大根、葉ダイコン、ルッコラ兼用畝にすることにした。
二十日大根と葉ダイコンの種を蒔いた。
ルッコラの種はまだ手元にないので植筋だけ付けて不織布で畝全体をべたがけした。

五月菜収穫。

ジャガイモ植え

植付  除草  収穫  [編集]

[畑B]
旧ダイコン畝を耕耘、割ってジャガイモを植える。
9m畝に30cm間隔で31ヶ、種芋はまだ2畝分残っている。
今日のところは一畝だけ。

[畑A]
タマネギ畝の草取り。

アサツキ4株収穫。

今日も風の強い

今日も風の強い一日。

[ハウス]
ズッキーニの畝立て準備。

[畑B]
エンジンポンプのポンプハウジングが腐食し穴が空いたのでエンジン部分が壊れた別のポンプから部品取りして修理。
見事復活。

[ハウス]
ズッキーニ畝の畝立て。
畝幅90cm、長さ4.5m。
ズッキーニ90cm間隔で5株移植。

キヌサヤ、スナップエンドウ収穫。

ダイコン播種

[畑A]
ダイコン畝のマルチに20cm間隔で2列、計74ヶ穴を開けて、缶の底で2cm深さの植え穴を開け、4粒づつ種を蒔いた。
品種はタキイのトップランナー、ほぼ毎年これだ。
植え穴が余ったので、一昨年の残り種、夏ダイコンを蒔いた。
発芽率が下がっていることを見越して、6粒ずつ蒔いた。

二十日大根畝を立てた。

五月菜収穫。
液肥を散布した。

[畑B]
様子見。

タマネギの株元が膨らんできた。
自分としてはマルチの中で膨らむのか、マルチの上で膨らむのか興味があるが、どうも、マルチの中で膨らみそうだ。

ひたすら除草

除草  収穫  修理  [編集]

[自宅菜園]
菜園と自宅周りの除草。

[畑B]
南側境界からヤブにかけて除草。

[畑A]
ラッキョウ畝除草完了。
タマネギ畝ひとつ除草完了。
もうひと畝は1/3除草。

五月菜収穫。

[自宅にて]
昼過ぎから雨が降ってきたので自宅で作業。
エンジンポンプの修理。
燃料ポンプを分解し、パッキンとダイヤフラムを交換。

春の嵐

日本海に台風並みの低気圧、春の嵐が発生。
半日雨の予定が晴れたが風が強い嫌な天気だ。
野菜セットの収穫。

[畑A]
五月菜収穫。

[畑B]
葉ネギ、ニラ収穫。

[ハウス]
朝飯前、スナップエンドウ、ハクサイ菜花、チンゲンサイ、春菊収穫。

[ハウス]
午前中、ソラマメの枝の位置直し。

[ハウス]
夕方、各畝に水やり。
キヌサヤ収穫。

ダイコン畝

[畑A]
昨日の台風のような南風のダメージを心配して畑に出かけた。
以外にも昨日はカラッカラに乾いていた砂が、下から湿り気が上がってきて、苗も思った以上に元気そうな顔をしている。
とにかく全ての畝に水を掛けて砂を洗い流した。
ジャガイモは吹き飛ばされた砂から元気な芽が見えた。

ダイコン畝を立ててマルチを張った。
今日はここまで。

五月菜収穫。

ニンジンの種蒔

[畑A]
種まき機を使ってニンジンの種蒔。
蒔溝に正確に入るかどうか分からないがまあいい。
さすがに機械。あっという間に蒔き終える。
土を薄く掛けて、不織布をべたがけ、水やり。

残り時間はラッキョウ畝の草取り。

五月菜収穫。

[ハウス]
朝は風は穏やか、既にハウス内は44度。
換気を全開にし、水やり後すぐに畑に行く予定が、午前中ハウス内の作業となった。

昨日の風でソラマメの茎が何本か倒れたので、柵を作り両側から支える。

ジャガイモ畝の続きにメイクイーンを植えた。

インゲン畝にワケギを移植。

[畑B]
種蒔き畝に水やり。
春ダイコン(4/8播種)の発芽確認。
菜っ葉畝の小松菜、チンゲンサイ、ルッコラ(各4/8播種)の発芽確認。
ニンジン(4/10播種)はまだ発芽せず。

ジャガイモ畝を耕耘、畝を割る。

[ハウス]
キヌサヤ収穫。

台風のような風、イモ伏せ

植付  収穫  [編集]

風が恐ろしい音を立てて吹いている。
南風で温かい。
とちゅうから太陽も顔を出したが、風は強いままだ。

[自宅にて]
サツマイモの苗作りのためのイモ伏せをした。
農林水産庁のサイトを参考にした。
まず、48℃のお湯に40分漬ける。
これは冬眠打破のためかヒートショックを与えるためか、消毒のためかよくわからない。
で、へその緒を断ち切って親離れを促すと芽の出が良いらしいので、包丁で切るがどちらが茎側でどちらが根側なのかよく判らないので両方共切り落とした。
衣装ケースの中に加温用に温水を流すホースを設置して、籾殻と赤玉土を混ぜたのをひいてから、サツマイモを並べ、イモが見えなくなるまで籾殻と赤玉土の混合土を掛けた。
後は水の中にヒーターとポンプを設置して温水を循環させた。
果たして内部温度が25℃程度まで上がってくれるかどうか。

[畑A]
五月菜の収穫もあり、畑の様子を見に行った。
見るも無残、乾いた砂が吹き荒れて砂漠のような状態。
防虫ネットの中にまで砂が吹き込んでマルチの上が砂だらけ。
発芽しかけた畝も砂で埋まっていた。
何よりひどいのはエンドウの棚が風除けに覆った防虫ネットが災いしてひどく曲がった。
何とか直そうとしたが無理で諦めた途端、吹き飛ばされた。
なすすべもなく諦めた。

五月菜収穫。
五月菜も砂だらけだ。

草がひどい

除草  [編集]

[畑A]
畑についてしばらく、太陽が顔を出すと同時にパラパラの音。
雨が降ってきた。 西には大きな虹。

すぐに晴れるだろうと畑仕事続行。

ニンジンの種まきをしようと、ニンジン畝にイボ竹を押し付け、植え溝を作る。
種は今回はじめての「タキイ交配 いなり5寸」だが、開封するとあまりに種が細かく、手で蒔くのを諦めた。
明日、種まき機で種をまこう。

シトシト降り続く中、タマネギ畝、ラッキョウ畝の除草。
特にラッキョウ畝が草がひどい。
あまりに寒いため、7時に切り上げた。

五月菜収穫。

換気全開

[畑B]
ニラ、葉ネギ収穫。

[畑A]
ニンニク畝、タマネギ畝防除。

[ハウス]
天気が良さそうなので思いきって換気全開。

温床内や育苗ポット、各畝に水やり。

ハクサイ菜花収穫。
チンゲンサイ、春菊収穫。

夕方換気を締めに行くと風でハウス内の軽いのが飛ばされていた。

畝作り

[自宅にて]
簡易温室の中でカボチャとゴーヤ苗が1本ずつクタッとしていた。
どうも昨日は温度が上がりすぎたようだ。
朝はあんなに寒かったのに、これからは気をつけなくては。

[畑A]
ダイコン、ニンジン、ゴボウ、二十日大根の各畝に堆肥を各一輪車1杯ずつ投入。
化成肥料を軽く蒔いて耕耘機で耕耘。
ダイコン畝は更に畝割して真ん中を耕耘。
畑Aから堆肥を一輪車で合計4杯運んでくるのに1時間以上の時間がかかってしまった。

五月菜収穫。

ホウレンソウ(4/9播種)の発芽確認。
冷蔵庫で一日冷却したのと、流水で半日浸したのでは、冷蔵庫に入れた方の発芽が良い気がする。

ジャガイモ(3/29~31植え付け)の芽が各畝で確認できた。

風強し

[畑A]
ダイコン畝に種蒔。
昨年の残り種、トップランナーと春ダイコンだ。
なんと安いと思ったら1.8ccしか入っていなかった。
4粒づつ蒔いたら途中で種が足りなくて、一穴に2粒しか蒔けなかった。
トップランナーは4cc入りだったので昨年は余ったのだ。

続いてニンジンを播種したかったが、あまりに風が強く吹き飛ばされそうなので取りやめた。
タマネギ畝とラッキョウ畝の草取り。

五月菜収穫。

キヌサヤ整枝

[ハウス]
曇り空で風がある。
東側の換気を僅かに開ける。

ズッキーニ予定畝のスギナ退治と平らに均した。
さて、後は耕耘機を掛けたいが、通路に使っていた空きハウスが今は稲の育苗プールになっていて通ることが出来ず、耕耘機を持ち込めない、どうしよう。

[畑A]
サービス品用に五月菜を採りに行くが、五月菜が全然ダメだ。
やっと150gほど収穫してきた。

[ハウス]
キヌサヤがやたら採れるが直売場では売れ残る状態だ。
せめて収穫しやすいように枝の整理をした。

すごい風音

布団の中で聞いていても風音が大きい。
畑はとても無理だ。

昨夜は熊本で大きな地震があった。
天災は不意に現れる。

[自宅にて]
簡易温室をもうひとつ作った。
ナス苗を温室代わりの衣装ケースから移動させた。

発芽済みのゴーヤは先日作った簡易温室の方に移動させた。

カボチャ苗は2本から1本に間引きした。

[畑A]
五月菜収穫。

ダイコン畝

今日から目覚ましは5時に設定。
畑につく頃は5時半だ。

[畑A]
ダイコン畝とニンジン畝を割って、割った中を耕耘する。
埋めて畝立て。
ダイコン畝は畑Bで秋作のダイコンを作ったマルチを再利用してマルチを張った。

五月菜収穫。

風が強い

[ハウス]
今日は晴天だが風が強い。
換気を全開するとハウスの中の軽いものが風で飛ばされる。

温床内と各畝に水やり。

ズッキーニ畝予定場所のスギナ退治。

[畑B]
種蒔き畝に水やり。
二十日大根(4/5播種)と葉ダイコン(4/6播種)は発芽していた。
耕耘機で除草耕耘。

[ハウス]
スナップエンドウ、キヌサヤ収穫。

トウモロコシ種蒔

雨の予報だったので自宅作業で予定したが、晴れてしまった。
でも予定通り自宅作業。

[自宅にて]
発芽器の中のズッキーニとバターナッツカボチャを外に出し、簡易温室を作りそちらに入れた。
カボチャ系はすみやかに発芽してくれたが、ゴーヤは種が古過ぎたかはたまた別の原因か、半分しか発芽しない。困った。

トウモロコシを播種した。
種袋には58粒入りと書いてあったので、ポット数は30ケ、2粒ずつ蒔く、結局2粒余ってポット数は31ケ、62粒入っていたことになる。
これも発芽器にセット。
ゴーヤがまだ入っているため、全部入りきれない。

[畑A]
五月菜収穫。

再耕耘

[畑A]
今日再び、春ダイコン、ニンジン予定畝の耕耘。
苦土石灰、堆肥、化成肥料を散布し、耕耘する。
明日は畝割だ。

二十日大根予定畝の耕耘。

五月菜収穫。

エンドウ移植

[ハウス]
ハウス内の今朝の温度は-2.5度、とんでもない寒さだ。

温床内や育苗ポットに水やり。

エンドウ、ジャガイモ兼用畝を耕耘機で耕耘。
スナップエンドウ25株、サヤエンドウ5株移植。
ジャガイモ植え。

畝間のスギナを退治。

キヌサヤ、スナップエンドウ収穫。
ハクサイ菜花収穫。

キクイモ植え

[畑A]
ニンジン、ゴボウ畝に予定していた場所を別の野菜を植えることにし、急遽旧キャベツ畝、旧白菜畝をニンジン畝、ゴボウ畝にすることにした。
古マルチをはぐって、苦土石灰を散布。
耕耘機で耕耘。

キクイモ畝に堆肥と化成肥料を投入。
耕耘後、畝を浅く割って株間1mで種芋を植える。
少しでも形の良いイモと思い、今年は種芋をリプレースした。

ここでタイムアップ。

五月菜収穫。
液肥散布。

耕耘

[畑A]
旧ピーナッツ畝と旧ナガイモ畝を耕耘機を掛ける。

ラッキョウ畝間の除草耕耘。

アサツキ2株収穫。

畝作り

[ハウス]
肌寒い一日。

昨日収穫した水菜跡地をスギナを退治後、籾殻混入。
インゲン畝を延長した。
つるなしインゲンを蒔くつもりが種を忘れてきてしまった。

二十日大根跡地をスギナを退治後、籾殻混入。
ジャガイモ畝を延長し、ジャガイモの苗を植えた。

旧アサツキ畝と旧五月菜をまとめてスギナ退治。
籾殻を混入する。
スギナ退治は時間がかかる。今日はここまで。

薄氷

天気は良いが水桶に薄氷が張っている、フロントガラスには霜が凍りついている。
昨日の寒さのためか放射冷却か。
気温が5℃以上ないと耕耘機のエンジンが掛からなくなるので気が重い。

[畑A]
苦土石灰をダイコン、ニンジン、ゴボウ、キクイモ予定畝に散布。
耕耘機のエンジンを掛けるがやはり10mほど走って止まってしまう。
幸い日の出とともに暖かさが増している気がするので、気温が少しでも上がるのを待つため先に別の仕事をすることにした。

五月菜の収穫。
五月菜畝の周りの草取り。

ここで何とか耕耘機のエンジンも掛かり、一気に各予定畝を耕耘。

ここでタイムアップ。

防虫ネット掛け

[畑B]
なんと、キャベツ苗がネキリムシに一株倒されてしまった。
また、北風が強くキャベツ苗がなびいているので、根本にシュレッダー屑を引いた。
切られたキャベツは発根することを願って挿し木したが、果たしてどうなるか。
キャベツ畝に防虫ネットを掛ける。

キヌサヤ畝周りの除草と、破れたネットの補修。

ニラ収穫。

急いで収穫

[編集]

[畑A]
五月菜、あるだけ収穫。
アサツキ収穫。

[ハウス]
スナップエンドウ、キヌサヤエンドウ収穫。

ハクサイ菜花収穫。
二十日大根、春菊、水菜、チンゲンサイ収穫。

桜と雪

[編集]

何と雪が舞った。
桜が一番見ごろなこの時期にだ。
桜と雪、同時に見られることはそうない。

畑仕事はお休み。

アサツキ収穫

収穫  [編集]

[畑A]
今日は年間予約米の発送日。
例年なら五月菜をサービス品に入れるところだが、早々と良い所が終わってしまったため、今回はアサツキをサービス品にする。
アサツキも早々ととう立ちを始めている。

アサツキ25株ほど収穫。
五月菜収穫。

ニンジン種蒔き

[ハウス]
太陽が出ているので換気窓を開けるが、風が強い。
温床のビニールトンネルが風で煽られ持って行かれそうだ。

ソラマメの即枝や細い枝を切り落とす。
アブラムシ退治にカダンセーフを散布するがなんだか全然効かないような気がする。

つるなしインゲン(タキイ・恋ミドリ)播種。
連結ポットに昨年の残り種トーホク・ニューメロンを播種。

[畑B]
ダイコン畝に不織布を掛ける。

その横にニンジン畝を耕耘、ニンジン(タキイ・Drカロテン5)播種。
水やり後不織布を掛ける。

白菜移植

[畑A]
五月菜収穫。
株元の枯葉の除去。

白菜苗の移植。
畝長4.3mに株間40cmで10穴空ける。
間引きせずに苗を育てたので、ハサミで不要苗をカットしながらの植え付け。
防虫ネットを掛ける。

葉物畝の風除け防虫ネットと絹サヤエンドウの風除けのための防虫ネットを掛けかえた。
葉物畝は6mなので10mの防虫ネットを掛けて余った部分を丸めていたが、カットした防虫ネットが見つかったので、掛け替えて、それをサヤエンドウには5mを2枚使っていたのだが、もったいないので、外した10mのネットを掛けた。
結構な手間になった。

キャベツ畝に追肥と日焼けや寒さ防止に株元をシュレッダー屑で覆った。

[畑B]
玉ねぎ畝の枯葉を除去した。
病気を防ぐためだ。

徹夜

[編集]

何と、この歳になって徹夜作業。
畑に行かれず。

移植

[ハウス]
今日は一転、雨が降って肌寒い。
換気窓は閉めたまま。

トマト移植、農場で残った苗を譲り受けたので僅かに3本だけ。
後は自分で蒔いた種から苗が育つのを待つだけ。

スナップエンドウ畝の空いている部分をスギナ退治と堆肥投入し移植ゴテで耕す。
ミニキュウリの苗を移植した。

ホウレンソウが植わっていた畝のスギナ退治し、籾殻を投入し移植ゴテで耕す。
モロッコインゲンの苗を移植した。

ホウレンソウ蒔き

[畑A]
10mの畝を半分にして、白菜畝とホウレンソウ畝を立てた。
それぞれにマルチを張って、ホウレンソウ畝は種を流水で流したのと、冷蔵庫で1日冷やした種をそれぞれ発芽率がどう違うか見るために蒔いた。

五月菜収穫。

間に予約米の発送が入ったので思ったように進まなかった。
明日は白菜苗の移植だ。

キャベツ植え

今日から天気が回復の天気予報だが、朝はまだ寒かった。

[畑B]
昨日耕耘した畝に溝を割って堆肥投入。
マルチを掛ける。 畝幅70cm畝長さ5m。
45cm間隔に10穴開けて、キャベツ苗を植えた。
苗を購入して明日で早2週間。
その間にポットの中で苗は少し成長したが、やっと植えた。

[畑A]
アサツキ3株収穫。

暑い

[ハウス]
風がない、換気してもハウス内は43度、暑い。
温床内及び育苗ポット、各畝に水やり。

トマト畝を作り、透明マルチを掛けた。

[畑B]
葉ダイコン畝にベタ掛け不織布を掛けた。

その北隣に菜っ葉畝を作り耕耘。
チンゲンサイ、小松菜、ルッコラを各一条ずつ播種。

旧ダイコン畝をそのまま使って春ダイコンを蒔くことにした。
ダイコン畝除草、耕耘、種蒔き。
タキイの春蒔き耐病総太り二号を蒔いたのだが、入っている種の量がたった4ml、一条半しか蒔けなかった。

[畑A]
五月菜収穫。

[ハウス]
ハクサイ菜花収穫。
春菊収穫。
春菊畝のスギナ除草。

耕耘

昨日一日降った雨も天気予報通り今朝は止んでいた。
5時に目覚ましをセットしたのに6時に起床。

[自宅にて]
発芽器に蒔いた(4/4播種)カボチャ(ズッキーニとバターナッツ)に発芽の兆し有り。

[畑A]
ホウレンソウ畝、菜っ葉畝、白菜畝予定地に苦土石灰を散布し、耕耘機にて耕耘。
ここでタイムアップ。

五月菜収穫。

水菜(4/3播種)が発芽した。
他はまだ発芽の兆しなし。

キャベツ畝

朝は6時半~7時まで資源ごみ当番。
それから畑へ、今日はさらに肌寒い。

[畑B]
春キャベツ畝予定地を苦土石灰散布後耕耘。
これだけで時間切れ。

[畑A]
五月菜収穫。
一番採りは終わってしまった。
以降は脇芽を摘むことになるが、しばらく採れないか。

効率悪し

植付  収穫  [編集]

今日の動きは効率が悪かった。

[ハウス]
直売場で販売用の鉢物セットを作る。
レタス版2つ、スイスチャード版2つ。
残り苗の数はあるのだが、種類が偏ってきた。
結構売れるので継続して作りたいがどうしようかな。

[畑A]
サービス品用に五月菜収穫。

[ハウス]
キヌサヤ、スナップエンドウ収穫。
明るいときに収穫すると採り忘れに結構気づく。
ハクサイ菜花収穫。
春菊収穫。

風強し

畑に着くまではなんとか雨は持ちこたえていたが、畑に着いた辺りから風も強まりそこそこの雨降りになった。

[畑A]
今日の予定としては、旧イチゴ畝の木枠を解体して、白菜畝とホウレンソウ畝、そ菜畝を作ること。

でも、風で石灰が撒けそうにもない。
先日植えたエンドウが風にあおられていた。
風除け用に北側に防虫ネットを張ったのだが、今日の風は南風だ。
自宅まで防虫ネットを取りに戻って、南側にも風除けをした。

五月菜畝に液肥を追肥。

旧イチゴ畝を解体。

畝作りは明日以降になる。

[畑B]
様子見。

ニラを収穫。

キヌサヤ植え

[畑B]
今日も小雨。
昨日に続き絹さや畝にネットを張る。
ネット張り作業は結構時間がかかる。

支柱が5本なので、支柱間に2株つづ、合計8株を移植。
気温が下がって寒い、風で苗が傷まなければいいが。

ニラ収穫。

[畑A]
五月菜収穫。

風強し

[ハウス]
天気がいいのだが南からの風がすごい。
換気口を開けるが、入り口から吹き込む風が心配。

温床内や育苗ポットに水やり。

[畑A]
タマネギ畝、ニンニク畝、ラッキョ畝の草取り。
五月菜、葉ネギ収穫。

[畑B]
昨日蒔いた二十日大根畝に不織布をベタ掛け。
その北隣を耕耘、葉ダイコン畝を作り、種を三条播種。
葉ネギ収穫。

[ハウス]
ハクサイ菜花収穫。
キヌサヤ、スナップエンドウ収穫。
アサツキ収穫、ハウス内のアサツキはこれで終了。

キャベツ植え

植付  収穫  [編集]

五時に起きたのに、もたもたしていたら、畑についたのが六時になってしまった。

[畑A]
キャベツ、カリフラワー兼用畝にマルチを掛けた。
畝の長さは8.5m、40cm間隔に20穴開けて、春キャベツ、カリフラワーを各10株づつ植えた。
時間がぎりぎりになったが、防虫ネットを掛けた。

五月菜収穫。

マルチ掛け

[畑B]
小雨だが、雨合羽を着るほどではない。

キヌサヤ畝を畝寄せしてから平らに均し、マルチを掛ける。
穴を5ケ開けて支柱を立てる。
ネットを張りかけたところで時間切れ。

[畑A]
五月菜収穫。

いよいよ畑開始

[ハウス]
温床内や育苗ポットに水やり。

フルに換気してもハウス内は43度、暑い。

ソラマメ畝周りのスギナ退治。

オータムポエムを全て抜いた。
空き畝のマルチをめくり、スギナを退治。

[畑B]
旧トウモロコシ畝を耕し、二十日大根を播種。

[畑A]
五月菜収穫、五月菜に追肥。

[ハウス]
ハクサイ菜花収穫、キヌサヤ、スナップエンドウ収穫。

畝立て

[畑A]
キャベツ、カリフラワー兼用畝を立てた。
苦土石灰を散布し、耕耘。
溝施肥で、堆肥一輪車に一杯投入。
畝を立てたところまで。
明日はマルチを張って、苗の移植だ。

五月菜収穫。

収穫だけ

収穫  [編集]

午前中、団地内の市一斉クリーン活動及び妻の車のタイヤを購入交換に付き合って時間なし。
昼過ぎからかろうじて収穫に出かける。

[畑A]
五月菜収穫。

スギナ退治

[ハウス]
春菊畝周りのスギナを退治した。

温床内や育苗ポットに水やり。

タマネギ畝のスギナを退治した。

スナップエンドウ畝の空いている部分のスギナ退治と残渣の掘り起こしなど。

ソラマメや水菜、チンゲンサイにカダンセーフの散布。

オータムポエム収穫。
オータムポエムはこれで最後の収穫とし、明日は残渣を片付けてしまおう。

白菜菜花を収穫。

種まき

昨日とは一転、寒い雨風だ。
畑に出かけるのは無理。

[自宅にて]
発芽器に入れてあったナスがほぼ出そろったので、発芽器から出して簡易温室として衣装ケースの中に移した。

新たにゴーヤ10ポット、ズッキーニ9ポット、バターナッツ9ポットを発芽器にセットした。

畝立て

[畑B]
畑がまだ湿っている。
キヌサヤ畝予定地を耕耘機で耕耘。

換気ためらう

収穫  [編集]

[ハウス]
今日はお隣富山県の病院まで通院のため、早朝にハウスに行って換気窓を開けて、水やりをする。
朝は車のフロントグラスが凍りついていたので、ハウス内も結構冷えていた。
換気するのがためらわれるくらいだ。

病院から帰ると結構な横風に雨あられ、とんでもない天候だ。
慌てて、ハウスの換気を締めに行く。

キヌサヤ収穫。
白菜菜花収穫。

エンドウ移植

[畑A]
サヤエンドウを移植した。
昨日、マルチを張るところまでしてあったので、今日は支柱を立ててエンドウネットを張った。
植穴は30cm間隔で合計11穴。
今後強風が吹くことも考えて防虫ネットで風よけをした。

畝として10mを耕して、エンドウ畝は4mほどなので、のこり6mは葉物畝にした。
5列の玉ねぎ用マルチを張って、一昨日購入したレタスと、芽だししてあった水菜を移植した。
残りの穴には、カブ、水菜、チンゲン菜、味美菜を播種。
防虫ネットを張った。

[畑B]
玉ねぎ畝に液肥を追肥。
風よけ用に掛けてあった防虫ネットを外した。

軽めに

収穫  [編集]

[畑A]
一昨日ひる頃から風邪のためダウン。
何とか回復したが、今日は軽めに少しだけ。

サービス品用に五月菜収穫。

ジャガイモ植え

[ハウス]
朝からすごくいい天気、ハウス内は43度まで上がっている。
換気をすると36度まで下がった。

温床内や育苗ポットに水やり。

旧葉ダイコン畝のスギナを退治後、溝を掘って、ジャガイモの苗を植える。
予め温床内で芽出ししたジャガイモを芽ひとつひとうばらばらにして苗として植えたのだ。
種芋の倹約だがはたしてどの程度の芋がなるかどうか。

昼からは土中緑化した枝豆の苗の断根・摘心・挿し木をした。
これにより超多収栽培が可能になるとか、如何に。

五月菜にアブラムシが付いてどうにもならないので根際から切り取り、撤収した。

白菜菜花の収穫。

マルチ張り

昨日、ホームセンターコメリ柏崎店で苗を購入した。
春キャベツ10パック、カリフラワー10パック、レタス10パック。
それぞれ¥378円。

今朝から5時起床だが、準備に手間取り、畑に着いたのが6時半。

[畑A]
昨日耕耘したエンドウ畝に散水して畝を切りマルチを張った。
支柱を立てたところでタイムアップ。

五月菜の収穫を忘れてしまった。

苗置き場

除草  収穫  [編集]

[ハウス]
引き続きスギナの退治、今日は温床周りのスギナを抜いた。
昼から妻に手伝ってもらい、大きな部材を資材置き場に搬入したりしてハウス内を少し片付けた。
温床横のスギナを退治後、平らにならし防草ネットを引いてプランターや育苗ポット置き場にした。

キヌサヤ、ダイコン菜、二十日大根、春菊の収穫。
大根菜(1/25播種)はこれで完了。

エンドウ畝

[畑A]
エンドウ畝予定地を苦土石灰を撒き、耕耘。
堆肥と化成肥料を撒いてから再耕耘。

耕耘機のエンジンが直ぐに止まって苦労した。
結局時間とともに気温が上がるのを待つしかなかった。

五月菜、サービス品用に収穫。

イチゴ畝にマルチ

[畑A]
五月菜収穫。
アサツキ二株ほど収穫。

イチゴ畝の木枠を外してマルチを掛ける。
穴を開けて株を外に引っぱり出してからまた木枠をセットする。
なかなか一人でするのは大変だ。
次回は少し工夫しなくては。

スギナ退治

除草  収穫  [編集]

[ハウス]
肌寒い一日。
空き畝や畝間の除草、ひたすらスギナの退治だ。
移植ゴテの深さだけ掘ってスギナを抜く。
果たして効果は如何程に。

キヌサヤ、春菊の収穫。

メイクイーン

[畑A]
畑Bの小屋から耕耘機を運んできて、ジャガイモ予定畝と旧キクイモ畝を耕耘。
耕耘機が寒いためかエンジン回転が続かず最初苦労した。
ガスボンベが燃料だと本当に寒い朝は調子が悪い。

ジャガイモ畝2畝を割ってジャガイモを植える。
メイクイーンを一畝、それぞれで残った種芋の寄せ集めを一畝。
昨年秋に採れたデジマも数球植えてみた。
これがうまく行けば毎回種芋を買うのをやめて、一回置きになるが、屑イモを次回の種芋として使うことが出来る。

五月菜収穫。

イチゴ畝

追肥  除草  収穫  [編集]

[畑A]
早朝はまだまだ寒い。

サービス品用に五月菜収穫。
手が冷たくてかじかんでしまう。

イチゴ畝の防寒用に張った防虫ネットを撤去。
草がすごい状態だ、根に着いた土ごと表土を剥ぐような形で草取り。
追肥を行う。

プランターに移植

[ハウス]
今日は一気に気温が上がる予報、まずは換気窓を全開。
各畝に水やり。

プランターにレタスとスイスチャードを6株づつ移植、各2つ作成。

長岡キュウリ連結ポットに播種。

葉ダイコン、一条播種。

ソラマメ、細い枝を根本から切り落とす。

二十日大根、ダイコン菜、エシャレット、アサツキ収穫。
白菜菜花、小松菜、春菊収穫。

アンデスレッド

植付  収穫  [編集]

[畑A]
昨日に引き続きジャガイモの種芋植え。
今日はアンデスレッド。
いささか干からび気味で少し心配。
一畝(10m)に30cm間隔で32ケ。
土は多めに掛けた。

五月菜収穫。

ネギ畝の除草、やっと終わった。

[ハウス]
午前中医者、朝換気窓を開けていったが随分温度が上がっていたようだ。
西側換気口のパイプが折れていたので部品をはめて修理した、これで明日からの換気はバッチリだ。

長ネギ苗やタマネギのセット球苗の苗箱とセルトレイの間にシートと砂をひいて入れた。
温床内や育苗ポットに水やり。

キャベツの移植引き続き、昨日分から合わせて30株移植完了。
続いて、トウモロコシの空き畝にカリフローレ移植。
こちらも合わせて15株移植完了、残り苗は直売場で販売しよう。

キヌサヤエンドウやスナップエンドウの収穫。
昨年畑Aからハウスに移植したキヌサヤは樹勢が本格的にならないままなので撤去した。

五月菜収穫。

男爵

植付  除草  [編集]

[畑A]
ジャガイモ一畝植えた。
品種は男爵、30cm間隔で32ケ、種芋が少し余った。
後はアンデスレッド、メイクイーンと順次植える予定。

残った時間でネギ畝の草取り。

キャベツ移植

[ハウス]
もらった自家採種のキヌサヤ種子を25連結ポットに播種。

キャベツ畝にマルチ掛け。
キャベツを約20本移植。

アサツキ、二十日大根、小松菜収穫。

草取り

除草  収穫  [編集]

[畑A]
五月菜収穫。

ネギ畝まわりの草取り。

レタス植え

植付  収穫  [編集]

[畑A]
五月菜収穫。

ニンニク周りの草取り。

水菜とホウレンソウを植えていた部分のマルチをめくり、残渣撤去後追肥し、軽く耕耘。
再度マルチを張って、昨日購入したレタス苗を植える。

アサツキ収穫。

[畑B]
昨年晩秋に播種したしゃくし菜が冬を越して大きくなってきた。
数本収穫。

トウモロコシ移植

雨が降って肌寒い。

[ハウス]
昨日、大量の自家採種した種をもらったのでその一部を種蒔き。
アスパラの種を厚めに10ポット程蒔いた。

注文していたサトイモの種芋「泉南中野早生」がやっと届いたので早速、芽出しのためポットに植えて温床に入れる。

トウモロコシ畝に透明マルチを張って、トウモロコシ移植。
3条植えにしたらいささか畝が余った、カリフローレでも植えようかな。

トウモロコシ畝の横にいささか畝間が狭いが、キャベツ畝を耕耘した。

葉ダイコン畝に1条種蒔き。

春菊、オータムポエム収穫。

耕耘

[畑B]
今日も霜が降りていて耕耘機のエンジンは掛かりそうもないのであきらめる。

[畑A]
五月菜収穫。

キクイモ残り一株収穫。
これでキクイモは全て終了。

[畑B]
昼過ぎから再度畑に出かける。
好天気で気温もすっかり上がってきた、今度は耕耘機のエンジンもスムースに始動。
紫蘇畝予定地と空き畝を耕耘する。

[畑A]
ジャガイモ予定畝の耕耘と空き畝の除草目的の軽めの耕耘。
ラッキョ畝とニンニク畝の畝間を耕耘。

苗購入

コメリ柏崎店にて苗を購入。

春キャベツ苗10ポット。
レタス苗10ポット。
キヌサヤ苗8ポット。
ジャガイモ種芋、ダンシャク5kg。

トウモロコシ畝

[ハウス]
午前中は団地の総会、午後から長岡からダンス仲間がハウスを見学に来たので案内する。
午前中からの好天気ですっかり温床内は乾いていた。

温床内及び各畝に水やり。

白菜畝にセルポットから6株移植、これで予定数移植完了。

トウモロコシ畝を再度耕耘し、均す。

寒い!

収穫  [編集]

天気が良い一日のはずが寒い。
ニュースで北海道新幹線開通、今始発しましたと盛んに言っている。

[畑A]
サービス品用に五月菜を収穫。

[畑B]
コーヒー粕を紫蘇予定畝に散布。
耕耘機を掛けたかったが、寒すぎてエンジンの始動が困難なため諦めた。

ポンプ水漏れ

風があるけれど何とか天候は持ちこたえたようだ。

[ハウス]
温床や育苗ポットに水やり。
トウモロコシとオクラ、連結ポットに各25穴播種。

[畑B]
貯水タンク及びエンジンポンプ設置。
試運転結果、なんとエンジンポンプのポンプハウジングに凍結のためと思われる亀裂が有り、そこから水が吹き出す。
とんでもない羽目になった。

[ハウス]
トウモロコシ予定畝を耕耘機で耕耘。

ホウレンソウ収穫、これで1/9播種分は終了。
ダイコン菜収穫。

発芽

[自宅にて]
発芽器の中のエンドウの発芽が揃ってきたので、発芽器の外に出した。

ナスはやっと発芽し始めた。

寒い

寒気が入り込んでいる、太陽が出たり北風が吹いたり雪が降ったり、寒い。

[ハウス]
温床や育苗ポットに水やり。

アブラムシ対策にカダンセーフを散布。

ダイコン菜畝の空いた部分を耕し畝立て。
溝を切って種蒔き。

インゲン、タキイの恋ミドリプランターに播種。

ハウスの一番奥にトウモロコシ畝を立てるべく、籾殻を大量に投入。

ダイコン菜、五月菜、オータムポエム、ホウレンソウ、アサツキ、ラッキョを収穫。

収穫

収穫  [編集]

小雨が降って寒い。
雪こそ混ざっていないが、氷雨といった感じ。

[畑A]
サービス品用に五月菜を収穫。

スイスチャード移植

午前中は免許の更新や、支払、車のオイル交換等なにかと忙しい。
朝は太陽も出たが、昼からは肌寒い。

[ハウス]
育苗ポットに水やり。
五月菜とソラマメ、キヌサヤに着いたアブラムシ退治にガーデンセーフを噴霧。
こんなの効果があるのかと思えば、そこそこにアブラムシは退治できているようだ。

地植えのスイスチャードを全てポットに移植した。

空いた畝を小規模なので移植ゴテで耕す。

オータムポエム、ホウレンソウ、ダイコン菜、アサツキ収穫。

追肥

追肥  収穫  [編集]

曇っているが割りと温かい。

[畑A]
五月菜収穫。
枯れ葉の撤去。
追肥。

ラッキョ畝、ニンニク畝に追肥。

[畑B]
珍しく東隣りの人が来て草取りをしていた。
いつもは大型のトラクタで耕してしまうのに。
畑を再開するのか聞いたら、再開のつもりはなし、トラクタで耕してくれていた人が高齢で請負を辞められたので自分で草取りしているとか。 これは大変だ。

旧シソ畝のマルチを撤去。
コーヒの出し殻カスを散布した。

五月菜初収穫

収穫  [編集]

寝ていても寒そうな風音が耳につく。
6時頃起きて外を見れば、雪が舞っているかと思えば舞っていなかったので、畑に出かける。

[畑A]
五月菜収穫。
花茎が伸びだして蕾が見え出したのが出始めたのでそれだけでも収穫しようと思ったが、とにかく寒すぎて手がかじかむ。
かろうじて10本ほど収穫した所で寒くて身がもたないため撤収。

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PHOTO

上越有機農産販売TOPページへ 上越有機農産販売 > 3年連用ブログによる農作業日誌TOPへ