2010年9月投稿分

[畑A] 
様子見に行った折、サツマイモ試し堀り。
ひとつのツルに2本しか成っていなかったが、巨大なサツマイモが採れた。
そのまま北海道の中村さんのサービス品になった。
画像を撮らなかったのが悔やまれる。

[畑B]
根切り虫を何とか見つけようとするが、今までに3匹退治しただけ。
憎らしい。
それと狸だろうか、畝に足跡を付けてこれも憎らしい。

[畑A]
西隣の人が五月菜を植えていた。
なんと、苗をくれるという、まだこちらは発芽していないため、大喜び。

アサツキアサツキはずいぶん早めに生長する。

[畑B]
ナス収穫。
アピオスのネットを撤収した。
おばさんの残した尿素が有ったので追肥。
サトイモダイコン畝に獣の足跡小ネギ

[自宅菜園]
ニンジンにも追肥。
アゲハの幼虫が居た。
撮影後、即、死刑執行。
アゲハ幼虫

28
(火)

様子見

今日も朝から雨。

もう、植えるものもないし、採るものもないので雨降りにあえて行く必要も無いのだが、様子見に出かける。
クズ大豆を埋めたところが、雨で腐っていた。

27
(月)

小ネギ発芽

昨日ダンス競技会で疲れて早く寝てしまったため、異常に早く目覚めた。
そんなことで、まだ薄明るくなってきたばかりの5時半に畑に行く。

[畑B]
ナス収穫。 オクラは2本ほど収穫だが、もうダメっぽい。
一緒に蒔いた他のモノから遅れて小ネギが発芽。
長い葉が折れ曲がって出てくるからおもしろい。
ほか、二十日大根、エシャレット、秋ジャガイモの状況画像。

[畑A]
欠株状態のアスパラ畝に、実生と思われるアスパラを移植した。
ほか、アサツキやホウレンソウが発芽していた。

25
(土)

種まき

[畑B]
種まき用畝をつくり、種をまく。
水菜、三月菜、五月菜、アスパラ菜を蒔く。
ホームタマネギが逆さまに植えてあるのを発見、5個ほど植え直す。

晴れていたので様子見。

[畑B]
サトイモに草でマルチをしたのを取り除く。
このまま良くなってくれればいいが。

[畑A]
猛暑の間、疲れたようにぐったりしていたサツマイモも、長雨で、すっかり生き生きとしてきた。
昨年だとそろそろ掘り起こしたのだがと思いながら、上からネズミ(たぶん?)にやられていたのを試し掘り。
かなり上でかみ切られていたので、養分補給がいつ止まったのか不明なため、あまり参考になるためし堀ではなかったが、かじられた部分以外はきれいだ。

妻がさっそくゆでてくれた。
少し筋っぽいが、まぁ美味!

[自宅菜園]
ピーマンが一株折れていたので、抜いた。
ピーマン収穫。

23
(木)

雨の中で

キクイモのつぼみ雨が降っていたが様子見に畑に行って来た。

[畑B]
傘を差しながらナスの収穫。
オクラはほとんど見込めなくなった。

秋ジャガ発芽秋ジャガが芽を出していた。

チンゲンサイ・小松菜発芽雨の中、先日蒔いた種が発芽をしていた。

秋ダイコン


ホームタマネギ

22
(水)

雨降り

降り始めたと思ったら、だらだらビシャビシャとよく降る。
今日は畑はお休み。

21
(火)

様子見

[畑B]
様子見、二十日大根がもう発芽していた。

[畑A]
次の植え付け計画を決めなくては。

[自宅菜園]
ゴーヤ収穫。
ピーマン収穫。
木が倒れかかってきた、風も出てきたので直さないといけないが、明日にしよう。
ミョウガの花が咲いているのを見つけたので、いくつか収穫、泥だらけになってかなわない。
ニンジン間引き。

小松菜、チンゲンサイ種まき18日のダイコン発芽[畑B]
18日に蒔いたダイコンが発芽していた。

午前中、妻に手伝ってもらい、 小松菜、チンゲンサイ、カブ、二十日大根、小ネギの種まき。
ナス収穫(妻)。

ネギが植わっていた部分を耕耘機で耕す。

[畑A]
ニンニクを植えるための畝たて、ビニールマルチをひく。
ニンニク、アサツキ、余った場所にホウレンソウを蒔いた。

19
(日)

白菜定植

白菜・キャベツ定植ホームタマネギ発芽[畑B]
午前中と、午後に掛けてオフクロに草取りを手伝ってもらう、道側もかなりきれいになった。

畝をたてて、白菜をひと畝少し定植、キャベツをのこりのほぼひと畝植える。
白菜は、家で種まきをして育ててきたやつだ。
キャベツは春先に蒔いたが、全然モノに成らず、猛暑を乗り切ったので、秋に結球することを期待して植えた。
かなりの深植。

キャベツはたっぷりの水をやったつもりだが、午前中に植えたのが昼過ぎには萎れた状態になっていた、再度たっぷりと水をやる。
深植のため水が届かないのかな?

ホームタマネギもそろそろ芽が生えそろってきたようだ。

[畑B]
ナス収穫。
秋ダイコン種まき。
畝に3列、約5cmの間かくて指で穴をあけて一粒ずつ丁寧に蒔く。
大変な手間だった。

今日は高校の同期会。
この歳になると、定年後の事が話題になる。
良いところに勤めている人が、寂しそうに、「定年になっても畑を持っていないから」と、この先の人生のつまらなさをぽつりという。
それでも、畑をふたつと、家庭菜園のスペースを持ち合わせている自分は幸せと言うことか。

17
(金)

畝だけ

小雨。

[畑B]
ダイコンの種まき用畝を作る。
堆肥ががちがちに固まっているので、それをもみほぐすのに時間が掛かった。
結局、畝を作っただけ、種まきは明日に持ち越し。

ダイコンの種を植えてしまいたかったので、いつもより早起きをした。
残念ながら、雨降りでかなわず。 収穫だけ。

[畑B]
ナス、オクラの収穫。
オクラが2本巨大化して見つかった。
惜しいながら、切り捨てた。

[自宅菜園]
キャベツの芽が出始めた。

気持ちよく晴れ上がった。

秋植えジャガイモダイコン発芽[畑B]
秋植のジャガイモを植えた。
種は12日に買ってきてオフクロに切ってもらってあった。
すみやかに大きくなってくれればいいが。

ダイコンも、昨日より大きくなっていた。

ダイコン発芽ダイコン発芽ホームタマネギ今日も雨が降っているが、畑に出かける。

畑B
ナス、オクラ収穫。
オクラは少しだけ、でも、再び成長を開始しだした。

11日夕方植えたダイコンが発芽していた。
ホームタマネギは水を吸ったせいか、丸まるとしたように見える。
その向こうの空き畝にラッキョウ(エシャレット)を植える。

畑A
アスパラ、まぁこんなモノだろう。
アスパラの畝にキノコが生えてきた。

13
(月)

風で転倒

朝からかなりの雨降りだったため、畑には行かず。

[自宅菜園]
風で倒れたピーマンを起こす。

昨日から降るかと思った雨が、今朝になって降った。
しかもかなりの土砂降り。

ナス収穫畑B
朝、ナスとオクラの収穫。
ナスは妻がナス漬けの元で漬けた。

昼前、雨降りの中出かける。
堆肥置き場のシート撤去。
堆肥・鶏糞をたっぷり入れて、ホームタマネギを植える畝を作った。
苦土石灰、ようりんも入れる。

ホームタマネギの1/5ほどが腐っていた。
もっと早く購入すれば良かった。

[自宅菜園]
キャベツの種を連結ポットに蒔く。

ダイコン種まき畑B
妹が畑の小屋の鍵を持ってきたので、妹とオフクロを伴い畑に出かける。

妹とオフクロは自分の畑の草取り。
我はひたすら、ダイコンの種まき畝を作る。
妹から耕耘機を貸してもらう。
小型ながら、すごいパワーだ。
猛暑につき、途中で退散。

大量の種をムサシで仕入れた後、夕方ダイコンの種まき。

10
(金)

白菜間引き

[自宅菜園]
白菜のポット、2本苗を一本に間引いた。
ひょろひょろとしているのもあって、イマイチだが、次の休みにでも畑に植えるとしよう。

アスパラ植え付け[畑A]
予定していた畝にアスパラを植えた。
先日の雨で土は十分潤っていた。
でも、中の堆肥は乾いている状態。

[畑B]
オクラ、ナス収穫。

08
(水)

ネギ植替え

昨日の雨でどうなったか畑を見に行った。
なんと、人影がほとんど無い。
やっと降った雨で皆さん一休みと言うところか。

畑A
サツマイモが復活していた。

畑B
長ネギを植替える。

台風9号がねらいを付けてきている。

07
(火)

立派なナス

立派なナスナスの状態オクラサトイモ畑B
オクラ、ナス収穫。
あまりに立派なナスが成っていたので驚いた。
こういったナスを作りたかった。

オクラ、ナスに水やり。

夕方から本格的に雨が降った。
やっと待望の雨が降った。

[自宅菜園]
連結ポットにホウレンソウの種まき。
今度は、サラダ用のホウレンソウだ。

05
(日)

萎れている

上海から帰れば、日本の方が暑い。
娘がちゃんと水やりをしてくれたか気が気でない。

[自宅菜園]
白菜のポットが4つほど萎れている。
全体に水やりをしなかったためだ。
しかし、これなら復活できそう。

[畑B]
夕方まで待って、帰ってきたオフクロを連れて行く。
水汲みをさせるためだが、全く駄目。
ナス、オクラ、キクイモに水やり。

5時半に起床、今日から上海旅行で5日まで不在なので、出かける直前、たっぷりと水やりをする。

[畑B]
オクラ収穫。
オクラ、ナス、キクイモにたっぷりと水やり。
昨日もたっぷりやったので、帰ってくるまでなんとか持ちこたえて欲しい。

不在の間の菜園の水やりを娘に頼むが、さて、ちゃんとしてくれるかどうか。

三月菜発芽パプリカ[畑B]
オクラ、ナスにたっぷりの水やり。
いつもの倍くらいやった。
サトイモにもたっぷりやったが、サトイモは息も絶え絶え状態になってきた。
オクラはどんどん枯れるのが出てくる。

[自宅菜園]
3日前に蒔いた三月菜、水菜がもう発芽した。
シシトウ、ピーマン、パプリカの収穫。
パプリカはやっとまともなのが採れた。

1

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

記事の概要

2010年9月に投稿された全記事です。

前:2010年8月です。

次:2010年10月です。

過去の投稿

上越有機農産販売TOPページへ 上越有機農産販売 > 3年連用ブログによる農作業日誌TOPへ