2011年3月投稿分

31
(木)

耕耘

朝、天気がイマイチだったが降ってはいなかった。
雨具を着て畑へ

[畑B]
今日はバケツの中に薄氷はなし。
早速、耕耘機で昨日の堆肥を撒いたジャガイモ予定地を耕耘する。
所要時間1時間半かかって、3/4といったところ。
全部耕すのにもう一日必要だ。

[畑A]
サービス品用アサツキ収穫。
三月菜はもうじきだが、五月菜がぜんぜんさえない。

昨日のひどい花粉症のため、マスクしたまま早めに睡眠。
そのためか寝にくく、もういいやと起きたのが6時2分前。

[畑B]
アスパラに昨日牛糞をたくさん撒いたので、今日は畝寄せ。

ジャガイモを植える予定地をビビラで長めの枯れ草を撤去。
これをしないと耕耘機に絡みつく。
あわせて、そこに植え残っていた長ネギを抜いて移植。

牛糞堆肥を一輪車で6~7杯ほど撒いた。
ここで時間切れ、明日は耕耘機で耕そう。
ぎりぎり日曜日にジャガイモを植えることが出来るかな。

29
(火)

基礎の修理

種まき
6時起床、さて、今日から本格的にやるぞ。
気構えとは裏腹に霜柱が立ち、畑前面に霜がついていた。

畑B
ジャガイモの植える場所の準備のつもりで来たが、小屋を見た途端、小屋の基礎が崩壊しているのを思い出した。
ジャッキを持ち出して土台をジャッキアップ。
ブロックの上に木を挟んでおろす。
ジャッキがすごく重かった。

アスパラに一輪車2杯分の牛糞をやる。
草取りと畝寄せは後回し。

長ネギ、白菜、キャベツの収穫。

[畑B]
ネットショップの商品としてキクイモを掘り起こす。
水が引いてからは手で掘るのが大変。
上からはカラスがつついてしまっている。
イモのつきが悪く、結局三株も起こしてしまった。
これでやっと1kgありそう。

[畑A]
サービス品用に一番伸びていたアサツキを一株収穫する。
4月のサービス品はアサツキにしようか。

20
(日)

水菜種まき

種まきジャガイモ用意[自宅菜園]
先日鶏糞・牛糞を入れたところに水菜の種を撒く。
芝の目土を湿らせて種を混入、網で均一にまく、さて、うまく行ったか。
ついでに薫炭もまいた。
不織布を掛けて完了。

ジャガイモはダンス仲間が余分に買ってしまった、クイーンメリーだ。
オフクロに切らせる。
箱に並べて、室内で芽出し。

15
(火)

肥料混入

[自宅菜園]
牛糞、鶏糞たっぷり+化成肥料を入れて耕し畝作り。
サービス品用の水菜を植える予定。

今日から畑はいよいよスタートになる。

畑A
ニンニク、アサツキのマルチをめくる。
畝寄せと草取り。
ネギの収穫。

畑B
残ったキャベツ、白菜の収穫。
キクイモは商品収穫。
五月菜などの畝寄せ。

小松菜、チンゲンサイ収穫。
水菜のまわりの草取り。
肥料やり。

06
(日)

菜園準備

[畑A]
雪がすっかり消えて、長ネギの周りの水も引いた。
妻から依頼のネギを収穫。
タマネギのマルチがバタついているので、除去。

[畑B]
様子見。
五月菜が[畑A]より悪い。

[自宅菜園]
耕耘機を持ってきて、土と灰を混ぜ、石灰窒素を混ぜて、散布。
耕耘機で腱鞘炎になりそうになりがら時間を掛けて耕す。
なんといっても土の畑はしんどかった。

1

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

記事の概要

2011年3月に投稿された全記事です。

前:2011年2月です。

次:2011年4月です。

過去の投稿

上越有機農産販売TOPページへ 上越有機農産販売 > 3年連用ブログによる農作業日誌TOPへ