2014年9月投稿分

[畑B]
モグラの仕掛け確認。
やはり掛かっていない。
諦めて今度は落とし穴を仕掛けてみた。
二リットルのペットボトルを切ったのを通り道に埋めた。
さて、どうなるか。

ダイコン間引き。
4日遅く蒔いた(9/11播種)ダイコン畝を4本立ちから2本立ちにした。
間引き菜は収穫。
大量にあった。

葉物畝の防虫ネット(不織布)をはぐり、収穫と間引き。
小松菜はひとつだけ大きかったのでひとつ収穫。
チンゲンサイは大きめのを間引き収穫する。
カブはすべての畝が一本立ちになるよう間引く。

オクラ、ナス、インゲン収穫。

[畑A]
ササゲ収穫。

[畑A]
キクイモの木が大きくなって自分の背丈の2倍位に伸び、しかも広がってきた。
エンジンポンプの取り付けに邪魔になるので、邪魔な部分をハサミで切り落とした。

ニンジン畝に水やり。

二十日大根畝に二作目二十日大根の種蒔。
今日は畝の片側に150粒。

ササゲ収穫。
北隣の畑住民にあげる。

サツマイモ3畝目を4株ほど収穫。

[畑B]
モグラは今日は仕掛けの上下を通過していった。
再度仕掛け直した。
駄目だったら今後は落とし穴でも仕掛けてみるか。

五月菜苗畝とタマネギ苗畝に水やり。

オクラ、ナス、甘唐辛子収穫。

二作目インゲン(8/15播種)たった1本だけだが初収穫。

28
(日)

旅行休み

巾着田の彼岸花を見に、妻とお出かけ。
早朝からのため畑には寄れず。

27
(土)

収穫

[畑B]
モグラの仕掛けは今日も空振り。
新規に違う場所に仕掛けている最中、行方不明になっていた仕掛けひとつを発見。
場所を変えて再度設置。

今日は予約米の発送日、サービスセットの収穫が有るため、今朝は収穫だけ。

先に蒔いたダイコン畝、片畝だけだが、二本立ちを間引いて一本立ちにした。
間引き菜は収穫。

オクラ、ナス、ピーマン、甘唐辛子、唐辛子収穫。
ツルムラサキ収穫。
二十日大根初収穫。
見事に良いサイズに揃っていた。
ニラ、数株収穫。

[畑A]
バターナッツ収穫。 カボチャはもうひとつ収穫できるかもしれない。
ダイコン3本収穫、ゴボウ3本収穫。
ササゲ収穫。
気温が上がるに従い蜜を求めてアシナガバチが増えてくる。
危険を感じるので途中で帰る。

[畑B]
明日は巾着田の彼岸花を見に旅行に出かけるので、畑に来れない。
明日の分をタップリと水やり。
タマネギ苗畝の不織布をはぐり、水やり。
天候が良すぎることを考えて、不織布の裾を数カ所風通しに持ち上げた。

二十日大根畝、五月菜苗畝、春菊畝に水やり。

[畑B]
モグラの仕掛けを期待しつつ、半ば諦めつつ掘り返してみるが、案の定掛かっていない。
それどころか、3箇所に仕掛けた仕掛けが、ひとつ見当たらない。
どこに埋めたのか忘れてしまった。
毎回違う場所に埋めるのだが、まさか忘れるとは。
今日は埋めた近くに目印をつけた。

ジャガイモ畝、最終土寄せ。
たくましい茎には期待できるが、中には数株今だに細い茎がある。
これはもう期待薄だな。

オクラ、ナス収穫。
ニラ植えかえ後(5/3定植)の初収穫。

[畑A]
ササゲ収穫。
途中で雨が降りだしたので帰る。
今日は一日天気が良いはずだったのに。

25
(木)

雨休み

台風から変わった熱帯低気圧の影響で、朝方は雨。
畑はお休み。

朝食に昨日間引いた葉ダイコンが入った味噌汁が出された。
やわらかくてうまかった。

[畑B]
まず、モグラの仕掛けのチェック。
モグラがどこかに行ってしまったがごとく穴が掘り起こされていない。
まさか、捕獲かとチェックするも空振り。
見の危険を感じて一時的に避難でもしてしまったか?

先に播種したダイコン畝(9/6播種)、間引き。
4本立ちから2本立ちにした。
最終間引きはもうしばらくしてからにしよう。

タマネギ苗畝、防虫ネット代わりの不織布をはぐって、除草、水やり。

オクラ、ナス収穫。

[畑A]
ササゲ収穫。
サツマイモ、昨日掘りっぱなしで放置してあった。
鶴間に積み込む。

23
(火)

先ずは1敗

[畑B]
昨日仕掛けたモグラの捕獲器を確認。
二セット仕掛けた内、両方共捕獲器の横を掘られていた。
先ずは1敗。
また別の場所に仕掛けた。

各畝を畝間の除草を兼ねて土寄せ。
防虫ネットの中をじっくり観察したら、ブロッコリーの新葉に穴明が有るのが気になり良く見たら小さな青虫がいた。
ブロッコリー3株から青虫3匹捕殺。
しかし、いつ産み付けられた卵だろう。

五月菜畝の草取り。

ミニ白菜畝に防虫ネット代わりに不織布をトンネル掛けする。

[畑A]
ササゲ収穫。

[畑B]
15時頃もう一度畑に出かける。
畑まで来て何もすることがないことに気がつく。
モグラの仕掛けをチェックするも、今日はまだモグラが通った様子がない。

[畑A]
空き畝に細かな草が生えているのでレーキで引掻き除草。
予定になかったが、サツマイモを半畝起こした。
これで、二畝の収穫は終わった。
残り二畝だ。

[畑B]
モグラ取り器を再びセットした。
完全にモグラになめられて以来の2年ぶりのモグラ取り器のセットだ。
全敗からなんとか一矢を報いたい。

葉物野菜畝の防虫ネット代りの不織布をめくり、成育状況を確認。
捲き直した水菜がきれいに発芽していた。
特に中にぶら下げたトルシーに虫の付いている痕跡もないので害虫の心配もなさそうだ。

液肥の追肥を行い、不織布をかぶせる。

ミニ白菜畝の二本立ちを間引いて一本立ちにした。

ミニ冬瓜の収穫。


[畑A]
ササゲ収穫。
下段や中段にはもとんど付かなくなり、もっぱら足場のいる上段での収穫作業になる。
手間取る上に長さが短めだ。

クマンバチが蜜を吸いにきているが、人の行くほう行く方に付いてきてうっとおしい。

サツマイモ5株ほど収穫。
これでやっと一畝収穫完了。

でかいイモがごろごろ出てくる。
コガネムシの幼虫もごろごろ出てくるが虫食いは極端にひどくはない。

ニンジンとニンニク畝に播いた水菜に水やりをする。

[畑B]
小屋の中のワラと籾殻とシュレッダー屑と有機肥料の混合物を片づけた。
ネズミが住み着いて籾殻袋とシュレッダー屑袋、有機肥料袋を食い破りさらにワラも
混ぜこぜにされてしまってずっと放置してあった。
ワラをどけて、フルイでワラ屑と籾殻を分離し、籾殻はジャガイモ畝の畝間に撒いて耕耘機で土に鋤き込んだ。
残った土と有機肥料の混合物は空き畝に散布して耕耘機をかけた。

玉ねぎ苗畝の防虫ネット代わりの不織布をはぐり、草取りをした。
苗は既に葉が3枚出ているのも有った。
まだまだ細めだ。

液肥を追肥して、不織布をかぶせる。

オクラ、ナス収穫。
枝豆収穫。 二作目枝豆はこれにて完了。

[畑A]
ササゲ収穫。

[畑B]
今日の予定は葉物野菜畝に防虫ネットを掛けるだけ、と言っても防虫ネットはないので不織布を掛けるのだが。

さて、防虫ネットを掛けるとアクセスが悪くなるので、掛ける前に出来るだけの草抜きと欠株を種蒔。
欠株は小松菜とカブが欠株を起こしていた。
モグラのせいか、種が古くなったせいか、小松菜は蒔いたら種がちょうど無くなった。
カブは5列植の中央2列だけが調子がいい、これは何故だ?
蒔いたところの種が古かったのかな。

畝の長さは6.6m、使い古しの不織布で丁度よい長さの不織布があった。

何とこれだけの作業なのにもう時間切れ。
収穫用の時間が取れない。

[畑A]
ササゲを軽く収穫。

今日は野菜セットの収穫がある。
早めに切り上げる。

[畑B]
白菜畝に防虫ネット掛けた。
畝の長さ9mで防虫ネットの長さが10mだとちょうど長さが収まった。
虫捕りシート(トルシー)をぶら下げる。
キャベツ畝の防虫ネットの中にもトルシーをぶら下げる。

タマネギ畝の不織布をめくって生育状況の確認。
かなり良く生えそろっている。
ただ、雑草の芽もワンサカ生えて来出している。

オクラ、ナス、ピーマン、ツルムラサキ収穫。
枝豆収穫。

[畑A]
ササゲ収穫。
酒瓶ケースの上に乗って棚の上の方を収穫。
両手に溢れるほどとれるが、収穫時間がかかる。

ゴボウ6本収穫。
サツマイモ4株収穫。

18
(木)

薄暗い中

[畑A]
曇り空の夜明け前。
薄暗い。

薄暗い中をササゲの収穫。
莢と茎が同色でなかなか難しい。
莢は棚の一番上からも成りだしている。
ビールケースでも持ってこないと背が届かない。

夏ダイコン(7/23播種、8/10間引き)を収穫してみた。
いくら待っても太くならないのだ。
ダイコンにしてはやたら細いが、長さはそこそこになっている。
これはどうしたことか、これがこの品種なのか。

サツマイモ4株収穫。
サツマイモ畝の中にバターナッツ(カボチャ)を発見、収穫。
きれいなバターナッツだ。
マルチの横にネズミが開けた穴があった。
中に枯れ草などを運び込んで巣穴にしていたようだが、幸いサツマイモをかじったような後はなかった。

ニンニク畝の余ったところにホウレンソウと水菜を一つ置きに交互に混植。

[畑B]
先日蒔いた葉物野菜畝で水菜だけが発芽しなかったので、再度水菜を蒔き直し。

ジャガイモ畝を土寄せ。

白菜畝の最終間引き。
一穴に二株づつになっていたが、間引いて一株立にした。

各発芽畝に追肥。

ここで時間切れ、今日の主目的の白菜畝に防虫ネットを掛けることが出来ずじまいだ。

17
(水)

白菜移植

[畑B]
昨日の雨で畑がズブズブになっている。
白菜畝も肩が雨で崩れている。

とりあえずマルチ掛けをした。
マルチを埋めるための溝を掘ると水が滲みだす。
畝の長さは9m、40cm置きに植え穴を22穴開けた。

ミニ白菜を19株、先日の余っていたキャベツ苗を3株植えた。
ここまでで時間切れ。

これでやっと9月になってから植えるべきものは全て植え終わった。
後は10月半ばの五月菜の移植、11月頭のタマネギの苗植えまで大きな作業はなくなった。

今日は野菜セットの収穫がある。
オクラ、ナス、枝豆、ツルムラサキ収穫。
ミニ冬瓜を5ケ収穫。
ひとつはやや未熟だった。
未熟のミニ冬瓜は刺さるような産毛が生えている。
結構痛い。

[畑A]
ササゲ収穫。
両手で持ちきれにほどあった。

ゴボウ収穫。
念のため5本収穫。

サツマイモ二株収穫。
またまた長い(40cm程)サツマイモがゴロゴロ出てきた。

6時に起床、昨夜はいささかカラオケではしゃぎ過ぎたか。

[畑B]
第二白菜畝、苦土石灰を散布し、耕耘、溝施肥をし畝を立て、潅水したところで天候が怪しくなってきた。
畝に水が染み込むまでに収穫を済ませようと、オクラの収穫を始めるが、途中から土砂降りになってきた。
車の中に逃げ込みながら、僅かの小降りになった時をついてナスの収穫。

とれもこれ以上は無理なので諦めて帰る。
今日中にマルチを張ってしまいたかった。

15
(月)

白菜移植

久しぶりに五時に起きた。
日の出前だった。
東の空が独特の朱色に染まっていた。

[畑A]
ジャンボニンニクを追加で植え付け。
昨日分と合わせて合計55ヶを植えた。

ジャンボニンニクとニンニクの間が開いたのでアサツキを40球植えた。

ササゲ収穫。
ニンジンなどに水やり。

[畑B]
白菜の畝を割って堆肥を溝施肥。
畝を立てマルチを張る。
畝の長さは950cm、10mの防虫ネットが使えるように少し短くした。
畝間45cmで全部で19穴。
自宅で育苗していた白菜を移植した。

マルチをしていない畝に水やり。

昼14時から再び畑へ。
[畑B]
トマト畝解体、支柱や防鳥ネットを外して残渣撤去。
耕耘する。
ここをミニ白菜畝にする予定。

五時に起きたら雨音が聞こえていたので二度寝、六時起床。

[畑A]
今朝までにかなりの雨が降ったようだ、たっぷりすぎるほど畑が水を吸っている。
堆肥をニンニク畝と二作目二十日大根畝に散布したが、このまま耕耘すると土が水を含み過ぎているため土が固まってしまう、やむえず乾くまで放置することにした。

[畑B]
タマネギ畝の不織布、昨日は雨から逃げて中途半端になっていたため、裾部分に土をかけて止める。
長ネギ畝、土寄せ。

ジャガイモ畝、先に伏せた方を追肥を散布し畝寄せした。

オクラ、ナス収穫。
ツルムラサキ収穫。
枝豆収穫。

[畑A]
ゴボウ収穫。
ササゲ収穫。

15時頃から再度畑へ。
[畑A]
朝からの好天気でずぶ濡れだった畑が結構乾いていた。
ニンニク畝をヨウリン、化成肥料散布後耕耘。
マルチを掛ける。

二作目二十日大根畝も耕耘、畝を形成ずる。

ジャンボニンニク、ホワイト六片、その他スーパーで購入したニンニクを種として植えた。

ラッキョウ畝の余ったところ(75穴)にアサツキを植えた。

[畑B]
タマネギ畝に不織布をトンネル掛した。
途中、雨の勢いが強くなったので、裾の部分をとりあえず風で飛ばないようにだけして撤収。

[畑A]
今日は予約米の出荷日なので、サービス品用にサツマイモを収穫。
半畝ほど掘った。
やたらと長い芋が出てくる。
なかなか手頃な芋がない。

ササゲ収穫。

春蒔きのニンジン全収穫。
といっても10本程した残っていないが。

ゴボウ9本収穫。
なんとほぼ良品ばかりだ。

夕方再び畑へ。
[畑A]
ニンニク畝、二作目二十日大根畝を苦土石灰を撒き耕耘。
畝を建てたかったが暗くなってしまった。

12
(金)

春菊再播種

今日もすごい雨音だ。
5時に起きたが、諦めて二度寝。
6時には雨音が消えたので起きて畑へ。

雨合羽を持っていったが、全然着ないで済んだ。

[畑B]
春菊発芽しないため、蒔き直し。
種は一袋全部使い切った。

五月菜苗畝とタマネギ苗畝の不織布をはぐった。
少し長く掛け過ぎたかもしれない。

オクラ、ナス収穫。
ナスの枝を吊り上げた。

[畑A]
ササゲ収穫。
昨日の収穫がなかったためか、両手で握りきれないほど採れた。
本日の収穫白菜苗

急きょ今日の出張が取りやめになったので、畑仕事ができた。
ただ、真夜中からすごい雷雨の音が聞こえる。
風もあるようだ。
五時の目覚ましと同時に雨音がスーッとおさまっていった。
外に出てみれば小康状態。
途中で降られるのを覚悟で雨合羽を持って畑に出かける。

[畑B]
昨日植えたキャベツ・カリフラワー畝に防虫ネットを掛ける。
資材は畑Aから持ってこなければならないが、雨合羽を着ている関係で車で運ぶのをあきらめ、歩いてとりにいった。
曲がる支柱(ダンポール)を用意しているときにすごい雷雨となった。
雨合羽を着ていてもどんどんしみ込んでくる。
雷に当たれば誰も助けてくれないなぁなどと考えながら用意。

防虫ネットは市販の10mものだが、畝の長さが9.7m、防虫ネットの長さが少し足りない。
しょうがないので、継ぎ足すことにした。
我ながらうまい継ぎ足しができた。

ダイコン畝、残り片畝を37穴開けて種まきをした。

昨日は収穫を念入りに行ったので今日は収穫はやめた。

大雨で水が畝の脇にたまっていた。
ジャガイモは今年は穴を掘らずに地面に並べて上に土をかけた。
そのため、排水性は抜群だが、今回はこれが良い方向に当たったようだ。

[畑B]
キャベツ畝にマルチを張った。
用意した苗はキャベツ(やひこ)16株、カリフラワー(スノーホワイト)6株。
9.7m畝に50cm間隔で19穴の植え穴を開けた。
キャベツ13株、カリフラワー6株を植える。

残り時間が少ないので、ダイコン畝に片側だけ25cm間隔で穴を開けた。
38穴。
4粒ずつ蒔いた。

各畝に水やり。

やはり、春菊は発芽に失敗したようだ。

明日は出張のため、不在なので小さめまで徹底的に収穫。
オクラ収穫。
ナス収穫。

[畑A]
ササゲ収穫。

ニンジン畝、ダイコン畝に水やり。

今日は野菜セットの出荷が2セットある、早めに切り上げねば。

[畑A]
昨日ホームセンタームサシで購入したラッキョウ1kg(税別760円)を植えた。
良い種球もあったが、自分なら絶対種にしないと思うのも1割ほどあった。
それも含めて全部で120球。

同じ畝に、同じくムサシで購入した越のレッド(ラッキョウとタマネギの交配種らしい)を植えた。
6球しかなくそれでも税別475円、1球あたり80円だ、高い! しかも1球が腐りかけていたがそれも植えた。

らっきょ畝を2二畝も作ったが、結局75穴分余ってしまった。
後はアサツキでも植えることにしよう。
収穫は後回しで畑Bへ。

[畑B]
キャベツ・白菜畝に苦土石灰散布、耕耘。
キャベツ畝を畝割し、堆肥を一輪車二杯投入。
化成肥料に熔リンを散布し畝立て。
マルチを忘れたため明日以降の仕事だが、明日は何が何でもキャベツを植えよう。

野菜セットの収穫。
オクラ収穫。
ナス収穫。
ピーマンはわずかに収穫。

二作目枝豆10株ほど収穫。
二作目枝豆(7/6播種)はこれが初収穫となる。

ツルムラサキ収穫。

[畑A]
収穫のため、再度畑Aへ。

ササゲ収穫。
ゴボウ10本ほど収穫。

サツマイモ4株収穫。
いきなり情けないような芋しか採れなかった。

何と、収穫だけで1時間も掛かってしまった。

[畑A]
ラッキョウ畝、残り1つもマルチ掛け。

ラッキョウ植え付け。
全部で300球しかなかったので一畝と+25穴植えただけだ。

畝の反対側から西洋エシャロットを植えた。
こちらも49球しかなく、植え穴が大幅に(200穴)余った。
種ラッキョウを購入してこよう。

ササゲ収穫。

ニンジンに水やり。

[畑B]
オクラ収穫。

各畝に水やり。

タマネギ、発芽してきた。
春菊はほんのまばらだ。

[畑B]
昨日種が足りなくて欠株になったダイコン畝に引き続き播種。
ダイコン畝残り一畝は数日開けて種蒔きをする予定。

葉物野菜畝に引き続き播種。

チンゲンサイ種蒔き、タキイ交配の「中国野菜チンゲンサイ」だ。
春の種まきに失敗して急遽購入した種だが、発芽保証が14年10月まで。
5列x12穴に数粒ずつ播種。
まだ種が大量に余っている。

水菜種蒔き、タキイ交配の「京しぐれ」だ。
秋蒔き推奨品種だが、有効期限は12年4月。 さて、大丈夫か。
5列x12穴に数粒ずつ播種。
まだ種が大量に余っているが捨てどきだろう。

カブの種蒔き、タキイ交配の「スワン」だ。
有効期限は13年2月だが、今年の春蒔きではほぼ100%発芽していた。
どのみち種が足りないので購入してきた。 品種名は同じく「スワン」だが、メーカー名がアタリヤだ。
謳い文句も種の青色のコーティングも同じだ。
タキイからのOEM製品なのかな。
5列x12穴に3~5粒ずつ播種。

最後にルッコラの種蒔き、カネコ育種の「ロケットサラダ」だ。
有効期限は12年12月だ、今年の春蒔きでは充分発芽していた。
これは発芽しなくても構わない。
5列x12穴に十数粒以上播種。

二十日大根の発芽がまばらにつき、欠株部分を種蒔き。

春菊は部分的に僅かに発芽が見られるだけで種蒔き失敗の可能性あり。

タマネギもまだ発芽しない。

ジャガイモは先に伏せた畝は100%発芽、5日遅れの畝は5割方発芽が確認できた。

オクラ、ナス収穫。

[畑A]
ササゲ収穫。
サツマイモ4株収穫。
ササゲ・オクラ・ナスサツマイモ

[畑B]
夕方再び畑へ。

キャベツ、白菜予定畝の耕耘。
紫蘭の球根がたくさん埋まっているため耕耘が大変。
耕耘後も手による球根の除去。

ダイコン畝残り1つもマルチ掛け完了。

[畑A]
ラッキョウ畝ふた畝のうちひと畝をマルチ掛け。
もうかなり薄暗くなっていた。

[畑B]
ダイコン畝ひとつマルチを掛けた。
9.6m畝に25cm置きに2列の穴を開ける。
都合、76穴。
種蒔き、昨年購入のタキイ交配「耐病総太り」だ。
ひと穴に4粒つづ播種したら、何と途中で10穴を残して無くなった。

葉物野菜畝は昨日の大雨でマルチの下の土がだいぶ沈んだようで、まっ平らに仕上げたのにかなり波打っていた。
小松菜種蒔き、タキイ交配の「楽天」だ。
5列x12穴に二粒づつ播種。
種にコーティングしてあるので大粒でつかみやすい。

ここでタイムアップ。

種蒔き畝に水やり。
春菊発芽の気配。

二十日大根は種まき機が不調だったのか、2箇所に固まって発芽している。

[畑A]
カボチャ収穫。
サツマイモ昨日の収穫後をもう一度掘ってみた。
大雨で慌てていたせいで、やはり太い芋が掘り忘れてあった。

ササゲ収穫。
収穫し忘れが巨大化している。
このまま豆にしてしまおう。
白菜苗穫サツマイモササゲ・オクラ

05
(金)

土砂降り

朝起きた時は霧雨。
特に気にするほどの雨でもないが一応雨合羽を持参で畑へ。
今日は葉物畝、ダイコン畝x2にマルチを掛けてしまう予定。

[畑B]
葉物畝にマルチ掛けをするが、途中雨が強まったり弱まったりで合羽を着たり脱いだり。
ダイコン畝の畝立て中に小雨から徐々に強くなる傾向。

ダイコン畝のマルチはあきらめて今日出荷予定の野菜セットの収穫に入る。
オクラ、唐辛子、ピーマン収穫。
ツルムラサキ収穫。

車に乗り込むころは既に上半身びしょびしょだった。

[畑A]
ササゲ収穫。
ニンジン、ゴボウ収穫。
もうニンジンはほぼ全部に腐りが入ってきた。

サツマイモ一株収穫。

まるでシャワーを浴びながら仕事をしているよう。
長靴の中にも雨がどんどん入ってきた。

家に帰ったら妻にタオルを玄関まで持ってきてもらい、玄関先ですべて脱いでそのままシャワーを浴びる。
いやー、ここまで降られるとかえって気持ちがいい。

今日は5時直前に目が覚めた。
変な南風が強めに吹いていた。

[畑B]
ジャガイモに被せてあった枯れ草をとってシュレッダー屑を掛けようと思ったら、ジャガイモ(8/22植え)がもう芽を出していた。
5日遅れ(8/27植え)の畝に方も芽が出ているのがあったので枯れ草は除去をした。

各畝に水やり。

二十日大根(9/1播種)と五月菜(9/1播種)がもう発芽していた。
実にスムーズだ。

タマネギと春菊はまだ発芽の兆しなし。

葉物野菜畝とダイコン畝x2に堆肥と化成肥料散布、再度耕耘。
ダイコン畝は更に30cm深さに畝割して、その中を耕耘、畝を埋め戻す。

葉物野菜畝にマルチを掛ける準備ができたところでタイムアウト。

オクラ、ピーマン、甘唐辛子収穫。

[畑A]
秋ニンジン畝、夏ダイコン畝、ササゲ畝に水やり。
ササゲ収穫、日に日に収量が多くなる。
サツマイモふた株収穫、今日のは少し細めだった。
本日の収穫

03
(水)

畝立て

目が覚めたら6時だった。
寝過ごした一時間がもったいない。

[畑B]
昨日種蒔した春菊畝に不織布を掛けた。

ダイコン畝ふたつと、葉物野菜(小松菜,チンゲンサイ,葉ダイコン,カブ,ルッコラ兼用)畝の畝立て。
今日は苦土石灰を撒いて耕耘するところまでで時間切れ。

オクラ数本、冬瓜ひとつ収穫。

[畑A]
夏ダイコンとニンジンに追肥。
ササゲに追肥。
ササゲ収穫。

[畑B]
春菊の種蒔。
ちょうど種が終わった。
散水後、不織布掛けようと思ったら持ってくるのを忘れていた。

オクラ収穫。
3日ぶりの収穫だが、中位のが6本ほどあっただけ。

[畑A]
ササゲ僅か4本だけだが初収穫。
播種7/16 開花8/22。

持って帰ったら、妻がやたらと「昔はよく食べて美味しかった」と懐かしがっていた。
本日の収穫

01
(月)

種蒔

[畑B]
さぁ、9月1日だ。
この日はピンポイントで五月菜とタマネギの種を蒔く日と自分の中では決まっている。

タマネギの種蒔。
ノンクーラー5ml☓2袋、黄玉葱4ml☓2袋、種まき機で蒔ききった。
いささか覆土量が多い気がするが、多分問題ないだろう。
籾殻を散布後、不織布を掛けてたっぷり水やりをした。

五月菜の種蒔。
こちらも種まき機で一気に蒔いた。
覆土条件はタマネギと一緒。
こちらも籾殻を散布後、不織布を掛けてたっぷり水やりをした。

二十日大根の種蒔。
種まき機で蒔いたらちょうど種を使いきった。

[畑A]
夏植蒔きダイコンの寒冷紗を外した。

ササゲがずいぶん伸びてきた。
まもなく収穫できそうだ。

1

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

記事の概要

2014年9月に投稿された全記事です。

前:2014年8月です。

次:2014年10月です。

過去の投稿

上越有機農産販売TOPページへ 上越有機農産販売 > 3年連用ブログによる農作業日誌TOPへ