2014年12月投稿分

久しぶりに良い天気だ。
15時頃までには餅の発送準備も終わったので、久しぶりにキクイモの収穫に出かける。

[畑A]
キクイモ4株ほど収穫。
先日収穫した時のように水が上がっていなくて足元が安定して良かったが、キクイモが泥まるけでうっかりすると見逃す。
おそらく大量に拾い忘れがありそうだ。

ザッと水洗い後、巨大植木鉢の中にネットを引いて籾殻を投入し、籾殻の中で貯蔵する。

残りは6株になった。

21
(日)

残りの収穫

雪が降ってなかなか畑にはいけないが、少しでも小康状態の時にやってしまわなくてはならないことが残っている。

[畑B]
完全に水没している。
妹に貸している部分は義弟の頑張りで超高畦にしてあるので、かろうじて水没は免れているが、我が畑はくるぶしより上まで水没中だ。

イボ竹が水に浮いて漂っているので拾い集め小屋の中に入れた。
堆肥置き場の重し代わりのタイヤも浮かんで移動している。

残っていたミニ白菜9玉、白菜8玉収穫。
これで、白菜は全て終了。

ダイコンも残り全て収穫。
10数本程度か。

長ネギは既に収穫可能状態を超えている。
100本以上残っているが諦めるしか無い。

[畑A]
キクイモを2株収穫。
こちらは水没を免れているが、5cmも掘れば水が湧く。
キクイモ掘りも、ドロ水の中から拾い上げるようなものだ。
全部で20kg近く採れた。

10
(水)

収穫

一日限りの全国的な晴天だとか。

[畑B]
キャベツ残り全て(8玉)収穫。
白菜2玉収穫。 残りは風で傷まないように結わえてきた。
ダイコン半畝(20本弱)収穫。
長ネギ、肥料袋に入るだけ(20本弱)詰めてきた。

[畑A]
雪をかき分け、残っているニンジン全て収穫。
二十日大根残り全て収穫。

12月上旬というのに、ひどい降り方だ。
ジャガイモや資材の放置が気になったので、昼から畑に出かける。

車では畑横までは近づけず、徒歩での移動となった。

[畑B]
エンジンポンプや散水ホース、水タンクの片付け、小屋への収納。

ツルムラサキのイボ竹を撤去、小屋へ収納。

キュウリ棚をアーチを撤去、小屋へ収納。

カリフラワー、最後の2個を収穫。

秋ジャガイモ、残り一畝半を一気に掘り起こす。
水が畝全体を水浸しにしており、芋は既に水没状態。
掘り出すのも泥遊びをしているがごとく。
液状化して足が埋まってしまう。
小屋に長い板が有ったのを思い出し、足元に引いて埋まるのを防ぐ。
芋は小分けにして車まで何度か往復して運んだ。
収穫コンテナに丁度一杯収穫できた。

連日実によく雨が降る。
最近は風も強く、みぞれ混じりが当たり前。
まだ畑には夏野菜用の資材が半分以上放置してある。
今日は収穫の為、久しぶりに畑に出かける。

[畑B]
キャベツ3玉、白菜8玉収穫。
ダイコン8本、長ネギ6本収穫。

カリフラワーが残り2つ、収穫適宜を迎えていた。

[畑A]
ニンジン数本、二十日大根大量に収穫。

1

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

記事の概要

2014年12月に投稿された全記事です。

前:2014年11月です。

次:2015年1月です。

過去の投稿

上越有機農産販売TOPページへ 上越有機農産販売 > 3年連用ブログによる農作業日誌TOPへ