2016年2月投稿分

28
(日)

種まき

[自宅にて]
発芽器に種を蒔いた。

タキイ交配 キャベツ「春波」 10ポット
サカタ交配 ミニ白菜「黄味小町」 10ポット
タキイ交配 水菜 「京かなで」 10ポット
タキイ交配 水菜 「紅法師」 10ポット

春波の有効期限が13年10月、京かなでが14年10月だ、いささか経過しすぎだがさて無事に発芽してくれるかどうか。

キクイモの収穫のため、久しぶりに畑へ行ってきた。
今年は降雪・降雨量が少ないのか、水没している部分が少ない。

[畑B]
タマネギに風除け防寒のため防虫ネトを被せてあったが、吹っ飛んでいないか心配だった。
防虫ネットは全くの無事。
それどころか、タマネギが義弟のタマネギと比べて雲泥の差になっていた。
寒風に晒されほとんど緑色のない義弟のタマネギに比べ、防虫ネットの中で一回り大きく育っていた。
防虫ネット自体は雪で潰れてひどい状態だが、このまま行けそうだ。

[畑A]
キクイモふた株収穫。
推定7kgくらいかな。
割りとイモも大きく大満足。

五月菜やラッキョも元気が良さそうだ。

13
(土)

越冬地!?

[自宅菜園]
サービス品に白菜を入れようかと思い、まだ菜園に放置してある白菜を収穫してみた。
すると、小さなナメグジが何匹も越冬地として中にもぐりこんでいた。
寒いから虫は発生しないと思い込んでいたが、暖冬がもたらすとんだ伏兵だった。
結局4ヶ収穫して、いずれもナメグジが入り込んでいて、サービス品はあきらめ、自宅用にした。

06
(土)

味噌作り

[自宅にて]
味噌を仕込んだ。
一昨年産の売れ残り青大豆が大量にあったので思いっきりたくさん作った。
そのために直径36cmのステンレス寸胴鍋と、電動味噌スリ機を購入した。
大鍋で一度に茹でようと思ったが、10kgの大豆は水を吸うと3倍以上に膨らみ、鍋に入りきらなくなった。
結局、2回に分けてゆでた。
鍋は大きすぎると家庭用IHコンロに適応しないということを知らなかった。
なんとか騙して使った。
味噌スリ機はたいしたパワーであっという間に仕事をしてくれた。
早すぎて一人では手が足りなかった。
一番掛かった時間は豆を茹でる時間。

青大豆10kg
米麹10kg
天日塩4kg

豆は水に浸けると16時間までは水を吸い込み膨張する。
水に浸ける時間は17~18時間が適当のようだ。
豆は茹で上がると乾燥時の2.3倍になる。
10kgの豆が23.1kgになった。
合計で37kgの味噌が出来上がった。
豆をゆでた茹で汁が実に味が出ていて美味いのだが、もったいないものだ。
少し冷凍したり味噌汁に出汁として入れてみたりしたが大半は捨てることになる。

1

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事の概要

2016年2月に投稿された全記事です。

前:2016年1月です。

次:2016年3月です。

過去の投稿

上越有機農産販売TOPページへ 上越有機農産販売 > 3年連用ブログによる農作業日誌TOPへ