2016年6月投稿分

また今日も雨、けっこうな降り方だ。
雨合羽を積んで畑へ。

なんと、西隣の畑に先に人が来て草取りをしていた。
降り方がひどくなる前に来たようで、雨具も着ずに草取りしていてずぶ濡れだ。
自分以外で、ずぶ濡れで畑仕事している人を始めて見た。

[畑B]
ズッキーニ受粉、収穫。
古い葉の撤去。

ナス、ピーマン、伏見甘唐収穫。

ナスの誘引。

カボチャ畝の模擬ワラを追加するために、古マルチシートを張った。
大雨の中のマルチ張りは水が貯まることを知る。
模擬ワラは明日張ることにする。

[畑A]
キヌサヤ収穫。

[畑B]
ズッキーニ受粉。
収穫してくるのを忘れてしまった、巨大化してしまう。

2つ目のにキュウリ畝に灌水チューブを設置。
マルチシートの裾がずいぶん噛られてしまっている。

ナス、ピーマンの脇芽かきと誘引。

ニラ畝にも潅水チューブ設置。

28
(火)

雨降り

天気予報は曇り後雨だと思ったが、朝から雨だ。
雨合羽を準備して畑へ。

[畑B]
ズッキーニ収穫。

トマトの誘引。

キュウリ畝の片方に灌水チューブを設置。
マルチをめくると南側のほうがやはり乾いている。
タップリと潅水した。

ネズミに齧られたキュウリ苗3本の土を取り出して埋め戻し、地這いキュウリの種を蒔いた。
シカクマメ一株も播種しなおした。

[畑A]
ダイコン収穫。

[畑A]
ニンジン、ゴボウ畝に水やり。
う~ん、気持ちいいほど速やかに水が上がってくる。
バルブを付けたのは正解だ。

ニンニク畝横の草取り。
長ネギ畝横の草取り。

ジャンボニンニク数本収穫。

[畑B]
ズッキーニ、ナス、ピーマン、伏見甘長収穫。

各畝に水やり。

ピーマン畝に潅水チューブ設置。
ピーマン畝南側はずいぶん乾いていた。 たっぷり水やり。

[畑A]
サツマイモ苗(ベニアズマ)残りの8本を植えた。

井戸ポンプの吸水ホースを新しくした。
設置し、テストをしてみたら問題なく水が上がってきた良かった。

日が照りつけるが、昨日の雨で水やりの必要はなし。

畝間の除草。

キヌサヤの収穫。

[畑B]
ズッキーニ収穫。
また風が強まってきた。

これで一旦帰宅。
義弟が入院したので見舞いに出掛けた。

[畑Be]
スイカ畝に灌水ホース設置。
すでにホースはマルチシートの下に敷設済みなので、給水のパイプを取り付けただけだが。
灌水テスト結果は上々だ。

[畑B]
カボチャ畝に灌水ホース設置。
片側だけホースはマルチシートの下に敷設済みなので、片側のマルチシートをめくって片側だけ設置。
灌水テスト結果は上々だ。

[自宅にて]
青梅を漬け込んだ。

25
(土)

強風

[畑A]
風がやたらと強い。

井戸にYストレーナーを取り付けた。

ジャガイモで茎が枯れて収穫時期を迎えているものから収穫。

[畑B]
ズッキーニ受粉、収穫。

ナス畝に灌水ホースを設置し、灌水テスト。
マルチシートをめくってその下に設置したが、風が強く大変だった。

風がますます強くなった、せめて野菜に風が当たらないように風上につったって様子を見守るしかない。

[畑Be]
耕耘機を掛けた後の草を抜いた。
広くて大変だった。

[自宅にて]
ラッキョの種球を300球選別した。
残り2kg程は妻とらっきょ漬けにした。

[畑A]
サツマイモ苗(シルクスィート)の植えた。
今日用意出来たのは12本。
ベニアズマにも残り8本必要だ。

ゴボウ畝の草取り。

畝間に放置された残渣や草をレーキでかき集め、キクイモの株の根本に置いた。

一昨日水が出なかった井戸にバルブを取り付け、Yストレーナーを撤去した。
Yストレーナーは全然目詰りしていなかった、エンジンポンプの吸水力は正常だった。
残る可能性はホースの亀裂か、井戸が枯れたか。
井戸が枯れた可能性が高いが、昨日の大雨で復活しているといいが。
とにかくホースは交換するために持ち帰った。

キヌサヤ収穫。
レタスはとう立ちしたので株元を切って2本収穫。

[畑B]
ズッキーニ受粉。

ナス小さめを初収穫。

ピーマン、伏見甘唐収穫。

なんと、キュウリ苗が3本消えた。
株元から食いちぎられていた。
根本に親指の太さくらいの穴が空いている。
多分、ネズミの仕業だ。
もぐらの穴をネズミが侵入してきたのだろう。
大ショックだ。
穴の中に殺鼠剤を入れておいた。

トマトの誘引。

ツルムラサキ誘引と初収穫。

昨日、MonotaROから届く予定の荷物だが、再配達票が入っていた。
佐川さん、誰も出てこなかったらそのまま荷物置いて行って下さい。
今日の予定がそのため大狂いかと思ったら、土砂降りの為、どっちみち予定通りに行かず。
雨降りをラッキーとばかりに最後のサツマイモ畝を立てることにした。
父の日のギフトとして娘からもらった雨合羽、初使用だ。
あまりに嬉しくて家の中で着てから出かけた。

[畑A]
耕耘機で予定地を耕耘。
バケツ一杯分の堆肥だけ入れた。
畝を建ててマルチシートを張った。
下に灌水チューブを入れたが、後半強くなった風でチューブの位置が動いてしまいなかなか手間取った。
時間内にかろうじて完了した。
こんなに遅いサツマイモ畝は初めてだが、苗を植えきるのは7月になりそうだ。

[畑B]
ズッキーニ4本収穫。
また一本巨大化していた。
受粉したが、雨で花の中に水たまりができていた。
果たして花粉が流れてしまわないのかどうか。

昨夜は妻とラッキョを作り、選別し製品化した。
何とか、種分も残りそうだ。

[畑A]
サツマイモの苗を十数本移植。

水やりしようとエンジンポンプを掛けるが水が全然上がってこない。
色々チェックするが不明、考えられるのは給水ホースに亀裂又はYストレーナのつまり。
パイプに穴が開いた、エンジンポンプの吸水力が無くなったかのいずれかだろう。
明日には解決しなくては。

[畑Be]
空き畝の除草。
昨日耕耘機を掛けてあったので、草を拾い集めた。

[畑B]
ズッキーニ収穫。

各畝に水やり。

えひめAIの100倍液を散布。

[畑A]
収穫のため再び畑Aへ。
野菜セットの収穫として、キヌサヤ、ダイコン、春菊収穫。

21
(火)

灌水テスト

[畑Be]
除草目的で空き畝全体に耕耘機を掛けた。

[畑B]
エンジンポンプの吐出口側にYストレーナー80メッシュを取り付けた。
砂が上がってきてハス口が詰まるのと、これから夏に向けて使う灌水チューブが詰まるのを防ぐためだ。
Yストレーナーは以前サイズを間違えて買ったやつだが、やっと出番が来た。
しかし、接続するための細かな部品を揃えるのが手間だった。

各畝に水やり。
ハス口の目詰まりも起きず快適だ。

トマト、ナス誘引と芽欠き。

ズッキーニ受粉と収穫。
昨日取り忘れたらひとつ巨大になっていた。

ズッキーニ畝の灌水チューブに給水口を接続して注水テスト。
なかなか調子がいい。
そんなことをしていたらあっという間に7時半だ、あわてて畑Aへ。

[畑A]
各畝に水やり。

サービス用にダイコン収穫。

畝の間の除草。

20
(月)

スイカ着果

昨日夕方雨が降ったので水やりはせず。

[畑B]
キュウリ間引いて2本を1本立ちにする。
本葉がやっと3~4枚めが展開してきた。

畝間の草取り。

[畑Be]
大玉スイカが着果した。
推定収穫時期は8月上旬かな。

ニューメロンの間引き。
3本から1本立ちにした。
こちらも本葉が3~4枚めが展開してきたところだ。

ジャガイモの追肥、土寄せと芽欠き。

[畑A]
サービスセットの収穫だ。
キヌサヤ、ダイコン、ジャンボニンニク、春菊収穫。

[畑Be]
除草。

[畑B]
ズッキーニ収穫。

空き畝の除草。

ナス、ピーマン誘引。

各畝に水やり。

[畑A]
各畝に水やり。

春菊収穫。
キヌサヤ収穫。
一旦帰宅。

[畑A]
午前中もう一度畑へ。

ラッキョウ残りの半畝全て収穫。
収穫カゴにいっぱいになった。

ジャガイモ男爵だけほぼ収穫。
アンデスレッドやメイクイーンはもう少し後かな。

東隣の空き畑をトラクタで耕していた。
耕し終わってから話しかけてきたが、よく見たら同級生だった。
空いているから使ってほしいと言われたが、今ところ手が回らない、7月になったら検討しよう。

[畑Be]
空き畝の草取り。

[畑B]
ズッキーニ収穫。

空き畝の草取り。

各畝に水やり。

赤タマネギ、全収穫。
これでやっとタマネギ畝が空いた。

[畑A]
キヌサヤ収穫。

レタス収穫。

各畝に水やり。

結構な雨降りだが、サツマイモ畝を立てて苗を植えなくてはならない。

[畑B]
モグラ取り器が作動していたので、やったかと思い確認するが、空振り。
再度別のトンネルに設置。

ズッキーニ受粉と4本収穫。

ピーマン初収穫。
伏見甘長初収穫。
いずれもまだ木が小さいので、負担をかけないように小さいうちに収穫だ。

[畑A]
サツマイモの畝を均してマルチシートを掛けた。
灌水ホースをマルチの下にひいたのだが、ずれて苗を植える位置と重なったため部分的にマルチをめくって張り直した。
サツマイモ苗を植える。

フェーン現象のようなやや強めの風が吹いている。

[畑B]
モグラ取り器をセットした。
またモグラとの戦いが始まる、長い戦いの中で今まで勝てたのは僅かに2勝。

各畝に水やり。

ズッキーニ3本収穫。

赤玉ねぎ収穫カゴに山盛り収穫。

トウモロコシ、雄花が展開して花粉を撒き始めた、雌花がひげを出し始めた。

[畑A]
各畝に水やり。

サツマイモの苗がまた採れたので植え付け。

サツマイモ畝2つ目を耕して畝を立てた。
マルチシート張りは明日だ。

キヌサヤ収穫。

畑に放置してあったニンニクとアサツキを回収して家に持って帰った。

昨夜は妻と二人で遅くまでラッキョ漬けを作った。
今回は薄皮を剥くではなく、薄皮と厚皮を一枚剥くことにした。
少しでも歯ざわりが良くなればいいが。

[畑B]
ズッキーニ受粉と収穫。
ズッキーニの根がマルチシートの下を超えて通路にまで伸びてきているので、今日は畝脇に穴を掘り追肥を行った。

ナス畝のマルチシートを片側だけめくって、潅水チューブを設置。
ついでに肥料を畝の上にばら撒いた。

各畝に水やり。

自作の「えひめAI」の100倍液を各畝に散布。

畝間の除草。

[畑Be]
畝間の除草。

[畑A]
春菊畝に液肥追肥。

ニンジンとゴボウ畝に水やり。

ゴボウ畝の除草。

昨日の雨で充分濡れている。
水やりの必要はなし。
今日はバリューセットの収穫があるので、ほぼ収穫だけになってしまう。

[畑B]
ズッキーニ受粉、3本収穫。

先に移植したインゲンはツルを30cm程伸ばしてネットに絡ませ始めた。
後で蒔いたインゲンの根本にシュレッダー屑でマルチをした。

タマネギ「アトン」を全て収穫。
残りは赤玉ねぎだけになった。
アトン、かなりの数がとう立ちしたので、結果的にかなり数が少なかった。

[畑A]
ジャガイモ「男爵」畝を半分収穫。
訳ありジャガイモ2kgの注文があった為の収穫だが、選別結果、半畝で訳あり品はちょうど2kgだった。

キヌサヤ、ダイコン、春菊、ジャンボニンニク、エシャレット収穫。
7時前に撤収する。

13
(月)

雨降り

結構な雨降りだった。
サービスセットの収穫があるので、意を決して畑へ。

[畑B]
ズッキーニ、受粉と収穫。

カボチャの本ツルの芯止め。

[畑A]
昨日スーパーで購入した茨城県産の長ネギを2本、植えた。
「坊主知らず」の可能性があるからだが、さてどうだろう。

キヌサヤ収穫。
春菊収穫。
ホウレンソウ全収穫。
ダイコン収穫。
ダイコンひとつ花茎が立ったが、どうも夏ダイコンの残り種を蒔いた奴のようだ。

ゴボウ畝の草取り。

雨合羽に染みこんできたので7時頃に撤収。

昨夜の雨で水やりは不要だ。

[畑B]
ズッキーニ収穫。

カボチャ類にBT剤散布。

ナス、ピーマン類の芽欠き。

[畑Be]
ニューメロン間引き。
本葉2枚めが展開しだしたので間引いて3本にした。

[畑A]
ゴボウ畝、草取り。

ラッキョウ、ちょうど半分収穫。

[畑A]
今日は予約米の発送日で、かつ、病院にも行かなくてはならない。
とにかく、サービスセットの収穫を行う。

キヌサヤ収穫。
カブ残りすべて収穫。
水菜、チンゲンサイ、味美菜が放置状態で花も咲いてしまっているので全て抜いた。
レタス収穫。
ニンニクすべて収穫。
ろくな種球根でなかったためか、小さなニンニクばかりがっかりだ。
ジャンボニンニク3本ほど収穫。
こちらも小さめだ。
アサツキもすべて収穫。
全然使うことなくすべて球根にしてしまった。
越のレッド収穫。
こちらは結構見事な出来だが、この使いみちはどうしたらいいのかなぁ。
春菊収穫。

ゴボウ畝の草取り。

各畝に水やり。

[畑B]
各畝に水やり。

[畑A]
昨日の雨でしっとりしている、水やりの必要がないのは助かった。

サツマイモ畝、畝立て、畝幅70cm、畝長8.3m。
マルチシートを張って、苗植え。
自宅で昨年のサツマイモから芽出しさせた苗なのだが、何かか足りていないのか市販苗より硬い。
今日の分は19本しかないが30cm間隔で植えた。

キヌサヤ収穫。

キャベツ全て収穫。
虫食いがひどいのでこれ以上置いてはおかなかった。

[畑B]
ズッキーニ3本収穫。

トマトの誘引。

[畑Be]
遅植え(6/4伏せ)のジャガイモの発芽を確認。

ニューメロンに水やり。

[畑B]
枝豆畝のベタ掛け不織布を撤去。
枝豆、インゲン共に本葉まで展開していた。
ただ、まとまってひとつも発芽しない場所が何故かあるのが気になる。

各畝に水やり。

とう立ちのタマネギを全て抜いた。

[畑A]
サツマイモ畝予定地に堆肥をバケツ一杯だけ撒いてから耕耘。
畝立て。 今日中に畝が作れるかと思ったが、まだ中半だ。

各畝に水やり。

春菊収穫。

[畑Be]
スイカ畝の空き畝にニューメロンを6株移植。
まだやっと本葉が開いたところで、間引きもしていないが、植えてしまう。
例年はマクワを植えていたが、甘さに対する評判がイマイチなので今年はニューメロンにしてみた。

[畑B]
各畝に水やり。

空き畝の草取り。

[畑A]
キヌサヤ収穫。

各畝に水やり。

サツマイモ畝予定地の草取り。

ゴボウ畝の草取り。
今日は鎌で草の根を断ち切る様にしたのでかなりはかどった。

ジャガイモ4株ほど収穫。

[畑B]
キュウリ苗移植。
まだ本葉が一枚目だが、植えることにした。
80cm間隔で8株。
ネギをコンパニオンプランツとして混植。

各畝に水やり。

自家製のえひめAIの100倍液をズッキーニとカボチャ畝に噴霧した。
うどん粉病対策だが、納豆菌・乳酸菌・イースト菌でどの程度の効果があるものやら。

タマネギ、茎の倒れたものを収穫。
ひとつ巨大タマネギ収穫、一玉720g!

[畑A]
各畝に水やり。

春菊収穫。

ジャガイモひと株収穫。

長ネギ畝脇の除草。

ゴボウ畝の除草、50cm程したが、大量の草で参った。
明日は根際を刈り取る作戦で行こう。

06
(月)

スイカ移植

[畑Be]
大玉スイカ移植、4株、畝長10mなので、まだだいぶ余っている。
残りにメロンでも植えようかな。

スイカに水やりしている時に、畑の地主さんが見えた。
自分より若そうだった、「よろしく」と挨拶。

[畑B]
シソ畝間引き、追肥。

トウモロコシ畝、ナス畝、ピーマン畝、カボチャ畝、ゴーヤに追肥。

各畝に水やり。
畝間の除草を少し。

[畑A]
キヌサヤ収穫。
キヌサヤの花が咲いていないので、追肥をした。

育ちすぎて放置してあった菜っ葉畝の防虫ネットを外して、カブを収穫。

各畝に水やり。
畝間の除草を少し。

05
(日)

トマト移植

[畑B]
ゴーヤやシカクマメの調子が良くない。
葉色が悪いし、葉焼けのような枯れが出る。
育苗が日当たりが良くなかったのか、強い日差しを浴びて日焼けしているようだ。
株元にシュレッダー屑を敷き詰めた。

各畝に水やり。
義弟の畑のニンジン畝にも水やり。

タマネギ収穫。
ズッキーニ初収穫、4本。
まだ細めだが、株を疲れさせないように早めの収穫。

トマト畝の畝を均して肩を切った。
肩幅90cm、特別に広い畝だ。
後はマルチを掛けるだけだが、資材を忘れた...

[畑A]
カリフラワー残り3つ収穫。
白菜も残り2つ収穫、虫に入られていて駄目か。
キャベツひとつ初収穫。
初収穫だが、既に虫に入られている。

ニンジン間引き。
ジャガイモ、アンデスレッド試し抜き。
男爵収穫。
各畝に水やり。

一旦家に帰る。

[畑B]
トマト畝にマルチを掛ける。
90cm間隔で植え穴を開けて、大玉トマト麗夏5本おどりこ3本、斜め植え、斜め植えすることで根がたくさん出て収量が上がるとか。
株元にシュレッダー屑を敷き詰めた。

[畑Be]
均して畝幅70cm、畝長10mで畝を切り、マルチシートを張る。
さらに古マルチを並べて2本張った。
幅2mの模擬ワラを張ったところで辺りは薄暗くなった。

[畑B]
各畝に水やり。

ナス、ピーマン類、芽欠き。
カボチャ、芽欠き。

[畑A]
各畝に水やり。
ダイコン一本収穫。
キヌサヤ収穫。

[畑Be]
ジャガイモ植え。
昨年秋に収穫したジャガイモが何個か芽を出していたので、それを植えた。

スイカ畝に溝施肥。

[畑B]
トマト畝に溝施肥。

[畑A]
各畝に水やり。
ネギ畝脇の草取り。

[畑B]
各畝に水やり。

自分で作った愛媛AIの100倍液をズッキーニやカボチャに散布した。
これでうどん粉病が少しでも減らせればいいが。

トマト畝予定地の草取り。
ビビラでかき集めたり、手で抜いたりで大量の草で、草の山が出来た。
昨年のキュウリ畝だったのでコンパニオンプランツとして植えたネギが大株に分けつしている。
抜いて畑Beに仮移植。

苦土石灰を蒔いて耕耘機で耕耘。

今週中にトマトとスイカを植えてしまいたいが、今日は野菜セットaとサービスセットの収穫がある。

[畑Be]
やたら肌寒い。
スイカ畝予定地を計測して目印支柱を立て、苦土石灰を散布、耕耘機を掛ける段になったらやたらと雨が降りだした。
濡れながらなんとか耕耘。

[畑B]
タマネギの茎が倒れたのを収穫。
とう立ちしたのも抜いた。

旧キュウリ畝の周りを草取り、ここはトマト畝にする予定。

[畑A]
キヌサヤ収穫。
北風が吹いてばかりで、キヌサヤエンドウの茎がネットから南側に離れて今にも倒れそうになっているので、ゴムスビーでネットに結わえた。

ホウレンソウ、春菊、エシャレット、白菜、カリフラワー、ジャガイモ収穫。

水やりをしたかったが時間がない。

[畑A]
ニンジン畝、ひたすら草取り。
これ以上放置するとせっかく芽生えたニンジンが消えてしまう。
しっかりと草を抜いたところで僅か十数本しか発芽していなかった。
このまま夏蒔ニンジン畝として使おうかな。

乾燥のため放置していたエシャロットを回収した。

キヌサヤとキャベツ、白菜にBT剤を散布した。

[畑A]
トウモロコシ畝にBT剤散布。

ツルムラサキ2株移植。

枝豆畝水やり。

1

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

記事の概要

2016年6月に投稿された全記事です。

前:2016年5月です。

次:2016年7月です。

過去の投稿

上越有機農産販売TOPページへ 上越有機農産販売 > 3年連用ブログによる農作業日誌TOPへ