08

インゲン移植

[ハウスA]
温床畝2号の中の苗箱を並び替え。
片側に苗箱を寄せてインゲンを移植する。
株間25cmで10株がやっとだ。

アスパラ菜と春菊に液肥を散布。

[ハウスB]
水菜とカブの種まき、わずかづつ。

レタスの移植開始、引き続き。

:ホームセンターまでチェーンポットや花の種の買い出し:

[ハウスA]
旧キヌサヤ畝をジャガイモ予定畝にして再耕耘。

野菜セットの収穫で、アスパラ菜、春菊、ルッコラ、チンゲンサイ、ハツカダイコン、パクチー、葉タマネギ収穫。

コメントする

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事の概要

この記事は、2018年3月 8日 23:16に書きました。

前は「路地畑スタート」です。

次は「ジャガイモ伏せ」です。

過去の投稿

上越有機農産販売TOPページへ 上越有機農産販売 > 3年連用ブログによる農作業日誌TOPへ