覚書(秋作ジャガイモ)

秋作ジャガイモを例年安定的に作るための覚書。
夏植えは暑いので芋が腐りやすい。 切らないようにする。
切る場合は、芋を洗い、清潔な環境でカットし、アルコールを切断面に噴霧する。
ジャガイモシリカを切断面につけて、冷蔵庫で3日ほど切り口を乾燥させる。
溝を掘って植えると秋の長雨で加湿状態になるので、地面に芋を置き、土を盛り上げること。
芋伏せ直後、地温の上がり過ぎを防ぐため、草や稲わら、シュレッダーの紙くずをなどを被せる。
畝寄せは2回、発芽して間もなくと、開化のころ。

  種芋
購入
植付
時期
一回目
畝寄せ
二回目
畝寄せ
試し
掘り
撤収
時期
コメント
理想作付              
以下は過去の作付
27年 08/23 08/27 09/19 11/24 デジマ・大成功!
26年 08/21 08/22,08/27 09/14,09/18 09/26 10/18 12/07 デジマ・大成功!
25年 08/24 09/19 10/07 11/05 11/14 農林1号
24年 08/18 10/06   11/07 11/20 デジマ
23年 08/10 10/01 10/27 11/11 12/11 デジマ
22年 10/05 10/10 10/29 11/07

コメントする

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事の概要

上越有機農産販売TOPページへ 上越有機農産販売 > 3年連用ブログによる農作業日誌TOPへ